千葉県民よ刮目せよ!埼玉ディス漫画「翔んで埼玉」実写映画化で対抗組織に「千葉」登場

千葉県民よ刮目せよ!埼玉ディス漫画「翔んで埼玉」実写映画化で対抗組織に「千葉」登場
千葉県民よ刮目せよ!埼玉ディス漫画「翔んで埼玉」実写映画化で対抗組織に「千葉」登場

 魔夜峰央(まやみねお)原作「このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉」(以下、翔んで埼玉)の実写映画化が決定した。公開は2019年で、二階堂ふみ、GACKTのW主演となる。


 「翔んで埼玉」は、「パタリロ」(1978)などで一世を風靡した漫画家・魔夜峰央氏が1982年に発表した作品。


 魔夜氏が作品発表当時に埼玉県所沢市に住んでいたことから“埼玉”を題材に、「埼玉から東京に行くには通行手形がいる!」「埼玉県民はそこらへんの草でも食わせておけ!」「埼玉狩りだー!」など“埼玉県”を徹底的にディスるセリフが盛り込まれている。


 それが2015年に30年ぶりに単行本として復刊されたことをきっかけに、テレビ番組、SNS、インターネットなどメディアで多数取り上げられ反響をあつめ、大ヒット。累計発行部数62万部を突破し、上田清司埼玉県知事からも「悪名は無名に勝る」とコメントをもらうまでとなっている。


 「翔んで埼玉」は未完の作品ということで、実写化にあたり続きの部分“オリジナル”の展開が模索された。大都会東京から虐げられた埼玉が、自由を求めて徒党を組み戦うという原作の設定に、新たに“千葉”という対抗組織も用意された。


 千葉は同じく東京から迫害を受けている立場。埼玉と千葉が、どのように物語を形成していくのか……。そして、相容れない土地に生まれた二人の間に芽生えた“愛”がどうなっていくのか……という2つのテーマを携えたストーリーが構成された。


あわせて読みたい

気になるキーワード

おたくま経済新聞の記事をもっと見る 2018年4月9日のマンガ・アニメ記事
「千葉県民よ刮目せよ!埼玉ディス漫画「翔んで埼玉」実写映画化で対抗組織に「千葉」登場」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    「翔んで埼玉」は埼玉をディスってる様に見せているが、実は埼玉について描かれていない。何一つ埼玉について的を射た事は描かれてない。逆の意味で埼玉県民をガッカリさせた。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「虹色デイズ」のニュース

次に読みたい関連記事「虹色デイズ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。