湖底に眠る「幻の戦闘機」の試験モデルを探せ!カナダでプロジェクト進行中

湖底に眠る「幻の戦闘機」の試験モデルを探せ!カナダでプロジェクト進行中
湖底に眠る「幻の戦闘機」の試験モデルを探せ!カナダでプロジェクト進行中

 旧ソ連との冷戦が続いていた1950年代、ソ連からの超音速爆撃機を迎撃するため、カナダが開発していた「世界最強の戦闘機」がありました。


 しかし開発費用が高騰し、試作機が完成したものの政権交代もあって計画は中止。機体は全てスクラップに、関連する資料の多くは廃棄され「幻の戦闘機」となってしまったはずでしたが……この開発計画で使われた飛行試験モデルが湖に眠っていることが判り、捜索・引き揚げプロジェクトが軍の協力も得て進められています。


 超音速戦闘機が登場した1950年代当時、いずれ爆撃機も超音速で飛行するようになると考えられました。将来迫り来るソ連の超音速爆撃機を迎撃するため、西側諸国では速度に優れた超音速迎撃機の開発に迫られており、カナダもその開発を計画しました。それがCF-105「アロー」です。


 イギリスの航空機メーカー、アブロのカナダ子会社であったアブロ・カナダが1953年から開発を始めたCF-105アローは、カナダ初の国産超音速戦闘機(アブロ・カナダの前作、CF-100カナックが降下しながらの音速突破には成功)として設計されました。空軍からの要求項目は、6000フィート(1830m)の滑走路で運用でき、速度は高度7万フィート(2万1000m)でマッハ1.5で巡航できる(この当時は「スーパークルーズ」の概念は存在せず)こと。また迎撃機に必要な性能として、エンジン始動後5分以内に高度5万フィート(1万5240m)まで上昇し、マッハ1.5の速度が出せることや、帰還から10分以内に再発進できることなどが盛り込まれました。


あわせて読みたい

おたくま経済新聞の記事をもっと見る 2018年10月11日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。