「かざすAI図鑑」 生き物を瞬時に判別してくれるLINNE LENSが楽しい!

「かざすAI図鑑」 生き物を瞬時に判別してくれるLINNE LENSが楽しい!
「かざすAI図鑑」 生き物を瞬時に判別してくれるLINNE LENSが楽しい!

 動物園や水族館で見た生き物の詳細をもっと知りたい、パッと見ただけではどれがどれだかわからないという事、ありますよね。特に水族館では様々な水棲生物が同じ水槽に混在している事があって、どの魚がどの種類かパッとわからない事も。そんな時に役立つアプリが注目されています。


 「LINNE LENSって生き物の名前がでるアプリ、水族館で使うとすごい楽しい」と、そのアプリを使って水族館の生き物を識別している様子を動画でツイッターに投稿したのは、VRやARのアプリを手掛ける株式会社ViRDの“のしぷ”‏さん。動画を見ると、水槽で泳ぐ魚を瞬時に判別して名前を表示しているのが分かります。複数の魚が泳いでいても、同時に判別している様子も映し出されています。


 これを見た人たちからは、「リアルポケモン図鑑、、!」「めっちゃ面白いですね!!!」「これ、釣りとかで解らない魚とか釣れた時便利だと思う!」と続々と感想が。確かにポケモンをやった事がある人なら、知らない魚がどんどんアプリで表示されていく様はポケモン図鑑を連想するかもしれないですね。


 今回は魚の識別で話題となりましたが、「LINNE LENS」は「かざすAI図鑑」とも呼ばれており、様々な生き物に対応しています。アプリを開発した、Linne株式会社の代表取締役・杉本謙一さんにお話を伺ったところ、「日本の水族館・動物園にいる生き物の9割超をカバーしています。現状5,552種を認識でき、その内訳は魚類39.2%、鳥類 11.2%、哺乳類 8.7%、花虫綱 7.1%、甲殻類 6.7%、犬 5.8%、軟体類 5.3%、爬虫類 4.2%、ナマコ綱 3.6%、昆虫綱 3.1%、両生類 1.9%、猫 1.8%、その他 1.4%です」との事。

...続きを読む

あわせて読みたい

おたくま経済新聞の記事をもっと見る 2018年11月14日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。