看護師の“採血”あるあるに共感 失敗したときメンタルは負傷兵

看護師の“採血”あるあるに共感 失敗したときメンタルは負傷兵
看護師の“採血”あるあるに共感 失敗したときメンタルは負傷兵

 病棟や処置室などで、患者さんの採血をする業務は大体看護師が行っています。夏場、半袖から出ている腕を見てつい、「あ、この人の血管いい感じ」とチラチラ見てしまう職業病も大体の看護師は持っているはず。そんな採血、確実にやれると思ったのに何故か失敗する事があります。そんな時の様子を描いた漫画に、患者側からも看護師側からも共感の声があがっています。


 医療クラスタなら一度はお世話になっているであろう、メディカ出版の書籍「ズルいくらいに1年目を乗り切る看護技術」公式ツイッターアカウント「ズルカン@新人ナース応援!」で、看護師あるあるな漫画を描いている中山さん。「難しい採血に失敗したとき、メンタルが負傷兵のようになる…って…いうだけの…漫画。確実に採れそうな血管でも、無事に採れるまでは『採れます。』とは…言わない…たまに…何故か針刺した瞬間に消える…忍者系の血管も…いるから………。明日も頑張りましょう」と、その時の様子を漫画にしています。


 患者さんへの採血から戻ってきた中山さん。その表情は険しく、「採血できましたか!?」という同僚ナースに「ダメだ……手強すぎる……」「確実にとらえた!!―と思いきや、逆血がないんだ。どう考えてもそこに血管があるのに……“大丈夫です!とれます”みたいな空気で刺したから……気まずい 気まずい……」と。ちなみに逆血とは、針を刺した後に血液が針に付いているチューブに上ってくる事。これを確認できないと、血管に確実に針が入ったといえません。


あわせて読みたい

おたくま経済新聞の記事をもっと見る 2018年12月12日のライフスタイル記事
「看護師の“採血”あるあるに共感 失敗したときメンタルは負傷兵」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    ヤバい所は狙わない。遠い所から狙うのが鉄則。(研修医)見えてるところ実は危険。指先で確認しない駄目。(指導医)えっ、そうなの?そんなことをしなくても採決できるのだけど。理由は知らない。(看護師)

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。