伝説のヒモから仮面ライダーに憧れる子どもへ ライダー俳優・谷口賢志の返信が話題

伝説のヒモから仮面ライダーに憧れる子どもへ ライダー俳優・谷口賢志の返信が話題
伝説のヒモから仮面ライダーに憧れる子どもへ ライダー俳優・谷口賢志の返信が話題

 Amazon Prime Video配信作品として制作された異色の仮面ライダー作品「仮面ライダーアマゾンズ」。ネット発の作品でありながら、配信シリーズはシーズン1(2016年~)、シーズン2(2017年~)と重ね、ついには劇場版作品が2018年に公開されました。その仮面ライダーアマゾンズにおいて、ひときわ異彩を放っていた存在が、鷹山仁(たかやまじん)/仮面ライダーアマゾンアルファ。演じた谷口賢志さんが先週(2019年3月5日)、鷹山仁と仮面ライダーに関する思いをTwitterに投稿。その内容が話題になっています。


 谷口さんがツイートにそえた画像で、仁と向かいあって写っているのはシーズン2の主人公の千翼/仮面ライダーアマゾンネオ(演:前嶋曜さん)です。


 谷口さんによれば、子どもを持つ知人などから写真つきのメッセージがよく届くそうです。子ども達はみな笑顔で「大きくなったら仮面ライダーになりたいから挨拶したい」と、ベルトやフィギュアを持って写っているそうです。なんとも微笑ましい話ですね。恐らくパパやママのお友達は仮面ライダーだよ!という親たちの自慢から、写真を送ってみよう!という流れになっているのでしょう。


 そこで、谷口さんはいつもこのように返信しているそうです。「頑張れよ。ただ、俺のようなライダーにはなるな。あれを背負うのは俺1人で十分だ」。


 鷹山仁といえば、視聴したライダーファンからは「伝説のヒモ」として愛されています。ばりばりの理系出身で製薬会社の研究者という経歴を持ちながら、作中に登場したときは恋人の泉七羽(演:東亜優さん)に養われている(ヒモ)状態で、さらに調理された鶏料理を貪り食い、生卵を丸飲みするというワイルドさで、主人公の水澤悠/仮面ライダーアマゾンオメガ(演:藤田富さん)と配信を観た多くの人を圧倒しました。


あわせて読みたい

気になるキーワード

おたくま経済新聞の記事をもっと見る 2019年3月11日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「仮面ライダーゴースト」のニュース

次に読みたい関連記事「仮面ライダーゴースト」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「キン肉マン」のニュース

次に読みたい関連記事「キン肉マン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ウルトラマン」のニュース

次に読みたい関連記事「ウルトラマン」のニュースをもっと見る

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。