咲坂伊緒の「思い、思われ、ふり、ふられ」アニメと実写のW映画化

咲坂伊緒の「思い、思われ、ふり、ふられ」アニメと実写のW映画化
咲坂伊緒の「思い、思われ、ふり、ふられ」アニメと実写のW映画化

 2015年7月号から集英社の「別冊マーガレット」で連載されている、咲坂伊緒さんの「思い、思われ、ふり、ふられ(略称:ふりふら)」。次回6月号(5月13日発売)で最終回を迎えることになりますが、それを前に映画化が決定しました。アニメか実写か……という選択肢の中で、まさかの両方。アニメと実写のW映画化が同時決定は史上初だといいます。


 「ストロボ・エッジ」、「アオハライド」などで知られる咲坂伊緒さんの最新作、それが「思い、思われ、ふり、ふられ」です。第63回小学館漫画賞少女向けマンガ部門を受賞するなど、その繊細で瑞々しい物語が高く評価され、ジャンルを超えて今最も注目されています。電子版も含むシリーズ累計部数は2019年4月現在、既刊11巻で450万部を突破しています。


 この大人気原作を映像化するにあたって、実写にするか、アニメーションにするか2つの選択肢がある中で、どちらか一方ではなく、今回は同時に両方の映像化をするべきだと確信を持てたことが、このプロジェクトのスタートとなったといいます。原作者の咲坂伊緒さんとも打合せを重ねていき、実写でできること、アニメーションでできること、それぞれ得意とすることが違い、それぞれ魅力があるということで、咲坂さんも両方の映像化を快諾。そして脚本づくりを一緒に行ったそうです。


 この映像化について、咲坂さんからは「私が、キャラクターやひとつひとつのシーンに込めた思いやどうしてもいれてほしいポイントを双方の脚本家の方達、スタッフの皆さんと共有しながら脚本の成立に関わることができたのはとても貴重な機会でした。時には実写ならでは、アニメーションならではの見せ方の違いに感心することもありました」というコメントが届いています。アニメと実写、それぞれが得手としている表現で原作の魅力が映像化されるよう、アプローチされているということが伝わってきます。


あわせて読みたい

気になるキーワード

おたくま経済新聞の記事をもっと見る 2019年4月23日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。