位置ゲーム「ハリー・ポッター:魔法同盟」の声を小野賢章など映画声優が担当

位置ゲーム「ハリー・ポッター:魔法同盟」の声を小野賢章など映画声優が担当


 「ハリポタGO」と呼ばれている、最新AR位置情報ゲームアプリ「ハリー・ポッター:魔法同盟」(iOS/Android)の日本語音声搭載が2019年5月30日に発表されました。声優は、映画吹き替えを担当した小野賢章さん(ハリー)、常盤祐貴さん(ロン)、 須藤祐実さん(ハーマイオニー)がそのまま担当します。


 「ハリー・ポッター:魔法同盟」は、米WBゲームス社と「ポケモンGO」で知られる米ナイアンティック社が共同で開発している作品。「ポケモンGO」と同じナイアンティックが手がけていることから、ネットでは「ハリポタGO」の通称で親しまれています。


 なお、配信レーベルは、J.K.ローリングの「ハリー・ポッター:魔法ワールド」関連ゲームを扱う「Portkey Games」。時期は2019年内の配信が予定されています。


 本作は、魔法界のものがあふれ出してしまったマグル(=非魔法族)の世界が舞台。プレイヤーは、国際機密保持法特別部隊の新入隊員となり、闇払い、魔法動物学者、教授といった職業に就くことが可能。拡張現実(AR)技術を使った現実世界の冒険に出かけ、魔法によって囚われた物体や事象、動物、おなじみのキャラクター、さらには記憶を、適切な場所に戻していくことになります。


位置ゲーム「ハリー・ポッター:魔法同盟」の声を小野賢章など映画声優が担当


 そして、作品でお馴染みのハリー、ロン、ハーマイオニーは、映画最終作「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」公開からはや8年。魔法使いの一員として、大人になった姿で登場するといいます。はたしてどんな姿を見せてくれるのか? ハリー役の小野さんは「久しぶりすぎるのと今回が大人になったハリーなので、新しいキャラクターを演じるような感覚でした」とコメントしています。


あわせて読みたい

気になるキーワード

おたくま経済新聞の記事をもっと見る 2019年5月30日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。