藤原竜也主演「カイジ」が9年ぶりに復活 福本伸行脚本のオリジナルストーリーで展開

藤原竜也主演「カイジ」が9年ぶりに復活 福本伸行脚本のオリジナルストーリーで展開


 シリーズ累計発行部数2100万部を超える大ヒットコミック「カイジ」。連載開始から23年たった現在でも「ヤングマガジン」の読者ランキング上位を誇る異例の人気作が、シリーズ最終章「カイジ ファイナルゲーム」として、9年ぶりにスクリーンに帰って来ることが決定しました。なお、今回の最終章では、原作者・福本伸行さん自らが脚本に携わり、オリジナルストーリーを考案しています。


 「カイジ」は、1996年から「ヤングマガジン」で連載が開始され、過去に公開した映画シリーズの2作、「カイジ 人生逆転ゲーム」(2009年公開、22.5億円)と「カイジ 2 人生奪回ゲーム」(2011年公開、16.1億円)は共に大ヒットを記録し、日本を代表する超人気シリーズとなっています。


藤原竜也主演「カイジ」が9年ぶりに復活 福本伸行脚本のオリジナルストーリーで展開


 今作の監督は過去2作でもメガホンを取った佐藤東弥監督が続投。「カイジ」の強烈な世界観を再びスクリーンに甦らせています。また、「限定ジャンケン」「鉄骨渡り」「Eカード」「沼」など、「カイジ」シリーズの象徴とも言える斬新なゲームが、この作品の見どころの1つとなっていますが、今回の最終章では、原作者・福本伸行さん自らが脚本に携わり、オリジナルストーリーを考案。原作にはない全く新しい4つのオリジナルゲーム「バベルの塔」「最後の審判」「ドリームジャンプ」「ゴールドジャンケン」が登場しています。


 さらに、今作で主演を務めるのは、これまでの「カイジ」シリーズ全作品で主演を務め、映画やドラマ、舞台など、幅広く活躍する演技派俳優の藤原竜也さん。いつも借金まみれのダメ人間・カイジを9年ぶりに熱演しています。藤原さんは「今回も福本先生の『カイジ』の世界観に度肝を抜かれました。『カイジ』では一般的なレベルの温度の芝居では通用しない。脳みそが疲れるくらい大変でしたが、ここまでやっていいのかってぐらい、てんこ盛りですので期待して下さい」と語り、並々ならぬ覚悟でカイジという役柄に向き合い、過酷な撮影に臨んでいます。


あわせて読みたい

おたくま経済新聞の記事をもっと見る 2019年5月31日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら