舞台劇「からくりサーカス」続編決定 新宿FACEで10月に上演

舞台劇「からくりサーカス」続編決定 新宿FACEで10月に上演


 藤田和日郎原作「からくりサーカス」の舞台続編が、2019年10月に上演されることが決定しました。


 舞台劇「からくりサーカス」~デウス・エクス・マキナ(機械仕掛けの神)編~として、新宿FACEで10月10日~19日にかけて全16公演が行われます。


 チケットは全席指定9000円(税込)と最前列限定リングサイド席1万2500円(税込/非売品グッズ付き)で、会場にてドリンク代500円が別途必要。プレリクエスト先行(1次)抽選申し込みは6月27日18時にスタート。なお、1次の当選者のみ特製イラストがデザインされたオリジナルピクチャーチケットが用意されています。


 「からくりサーカス」は、週刊少年サンデー(小学館)で1997年から2006年にかけて連載された、藤田和日郎による人気漫画。累計発行部数は1500万部を超え、2018年10月からテレビアニメがスタート。2019年1月には前作となる舞台劇「からくりサーカス」~真夜中のサーカス編~が上演されました。なお、テレビアニメは、6月27日に最終話を迎えます。


舞台劇「からくりサーカス」続編決定 新宿FACEで10月に上演

舞台劇「からくりサーカス」続編決定 新宿FACEで10月に上演

舞台劇「からくりサーカス」続編決定 新宿FACEで10月に上演

舞台劇「からくりサーカス」続編決定 新宿FACEで10月に上演


 今回の続編決定を記念した生配信番組が、7月10日夜に行われます。前作からの続投キャストたちが出演して、舞台劇「からくりサーカス」の世界を楽しいトークで展開。配信媒体は、Periscope(ペリスコープ)。公式 Twitter(@karakuri_stage)のタイムライン上で視聴可能です。


【ストーリー】
己に課された運命と戦うことを決意した少年、才賀 勝、
しろがねとなりながらも自身の生き方を貫き自動人形と戦う青年、加藤鳴海、
数奇な運命に翻弄されながら、勝と鳴海により人間的な感情を取り戻したしろがね、エレオノール。
3 人を取り巻く運命は 200 年前から始まる長い長い物語と複雑に絡み合い、加速度をあげてゆく。
ゾナハ病とは?しろがねとは?自動人形とは?
全ての謎、全ての想い、全ての記憶が収束する。
舞台劇「からくりサーカス」ここに完結。


あわせて読みたい

気になるキーワード

おたくま経済新聞の記事をもっと見る 2019年6月27日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。