カノーブルのかき氷フレーバーバターに「生グソ味」 夏バターとして開発

カノーブルのかき氷フレーバーバターに「生グソ味」 夏バターとして開発


 食のコスメティックブランド「CANOBLE(カノーブル)」が、ご当地かき氷のフレーバーをバターにした、秋田「生グソ味」と鹿児島「白くま味」を、7月17日(直営店は7月26日)から販売します。


 カノーブルは、「食」で涼しく過ごす知恵にフォーカスし、季節のご当地フレーバーを発掘するプロジェクトをスタート。その中でも現在ブームとなっているかき氷に注目。


 ご当地かき氷の元祖とも言える2種類のフレーバー、秋田の「生グソ」と鹿児島の「白くま」をバターに仕立てて、夏をひんやり過ごす夏バターとして企画・開発しました。


カノーブルのかき氷フレーバーバターに「生グソ味」 夏バターとして開発


 「生グソ」とは、秋田で愛されるご当地かき氷「生グレープフルーツソフト」のこと。「生グソ味」は、生のグレープフルーツ果肉入りシロップにソフトクリームをトッピングしたかき氷をバターで再現しています。


カノーブルのかき氷フレーバーバターに「生グソ味」 夏バターとして開発


 フレッシュバターにグレープフルーツ果汁とソフトクリームを練り込み、ソフトクリームのミルク感とグレープフルーツの酸っぱい爽やか果汁感を表現。さらにジャリジャリ砂糖とブドウ糖を加え、かき氷のシャリシャリ食感とひんやり感をプラスしています。パッケージには「生グソ」のイラストも。


カノーブルのかき氷フレーバーバターに「生グソ味」 夏バターとして開発


 「白くま」は、言わずと知れた鹿児島生まれの大人気のかき氷。「白くま味」は、練乳をたっぷり練り込んだフレッシュバターにパイナップル、パパイア、マンゴー、キウイ、ストロベリー、メロンのドライフルーツを加えて白くまの濃厚なミルク感とフルーツのフレッシュ感を表現。さらに、ジャリジャリ砂糖とブドウ糖を加え、かき氷のシャリシャリ食感とひんやり感をプラスしています。


カノーブルのかき氷フレーバーバターに「生グソ味」 夏バターとして開発


カノーブルのかき氷フレーバーバターに「生グソ味」 夏バターとして開発


 「生グソ味」と「白くま味」(どちらも690円/税抜)は、「ナショナルデパート ネットストア」で7月17日から発売(東京店・岡山店は7月26日から発売開始)。これを機会に、秋田と鹿児島の夏の味を体験してみるのも良いかもしれませんね。


情報提供:ナショナルデパート株式会社


(佐藤圭亮)

あわせて読みたい

おたくま経済新聞の記事をもっと見る 2019年7月16日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。