イギリス空軍レッドアローズ北アメリカツアー アメリカ空軍とニューヨーク上空で共演

イギリス空軍レッドアローズ北アメリカツアー アメリカ空軍とニューヨーク上空で共演


 2019年8月に始まったイギリス空軍のフライトディスプレイチーム、レッドアローズの北アメリカツアー。8月22日(現地時間)ニューヨーク上空でアメリカ空軍との共演が実現しました。


 11週にわたり、北アメリカ大陸各地で20回以上の展示飛行を予定する、レッドアローズの北アメリカツアー。大西洋を横断し、8月7日にカナダのハリファックスへ到着すると、まずはハリファックス市街地でのフライパス(編隊航過飛行)から展示が始まりました。


イギリス空軍レッドアローズ北アメリカツアー アメリカ空軍とニューヨーク上空で共演


 カナダ、オタワでのエアショウに出演後、アメリカ最初の訪問地としてイリノイ州シカゴにやってきたレッドアローズは、8月17日・18日に「シカゴ・エア・アンド・ウォーターショウ」で飛行展示を行うと、ボストンを経由して8月21日にはニュージャージー州アトランティックシティのエアショウに出演。アメリカの観客を楽しませました。


イギリス空軍レッドアローズ北アメリカツアー アメリカ空軍とニューヨーク上空で共演


 翌8月22日、レッドアローズはニューヨークへ移動。ニューヨークを象徴する自由の女神像(リバティ・アイランド)やマンハッタン上空でフライパスを行いました。


イギリス空軍レッドアローズ北アメリカツアー アメリカ空軍とニューヨーク上空で共演


 このフライパスに加わったのが、地元アメリカ空軍のF-22ラプターとF-35AライトニングII、そしてアメリカ空軍のフライトディスプレイチーム「サンダーバーズ」です。


イギリス空軍レッドアローズ北アメリカツアー アメリカ空軍とニューヨーク上空で共演


 合計19機の大世帯となった編隊は、サンダーバーズの6機がデルタ編隊で先導する形でマンハッタン上空へ進入しました。続くレッドアローズは9機の傘型(シェブロン)編隊。その後ろにF-22とF-35Aがダイヤモンド編隊を組んで続きます。


あわせて読みたい

おたくま経済新聞の記事をもっと見る 2019年8月29日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。