グワキ!!楳図かずおと和歌山の柿がコラボ ハロウィンキャンペーンを展開

グワキ!!楳図かずおと和歌山の柿がコラボ ハロウィンキャンペーンを展開


 柿の生産量日本一を誇る和歌山県。JAグループ和歌山/柿消費拡大対策事業協議会では、和歌山県出身の漫画家、楳図かずおさんとコラボした「KAKI HALLOWEEN Instagram CAMPAIGN」を9月16日~10月10日の期間実施しています。


 正岡子規の「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」という有名な俳句など、日本では古くから秋の風物詩として親しまれている柿。実を食べるだけでなく、葉は殺菌効果を活用したり「柿の葉茶」として飲まれたり、柿渋を防腐剤や防水剤としても利用されてきました。


グワキ!!楳図かずおと和歌山の柿がコラボ ハロウィンキャンペーンを展開


 ほぼ日本全国で生産されている柿ですが、収穫量日本一を誇るのは和歌山県。平成30年度の農林水産統計によれば、3万9200トンと全体のおよそ2割を占めています。


 この和歌山産の柿をもっと知ってもらおうと、JAグループ和歌山/柿消費拡大対策事業協議会では、和歌山県出身の漫画家、楳図かずおさんとコラボ。秋のイベントであるハロウィンにちなみ、ハロウィンシールを貼った柿を使ったSNS投稿キャンペーン「KAKI HALLOWEEN Instagram CAMPAIN」が9月16日から始まりました。


グワキ!!楳図かずおと和歌山の柿がコラボ ハロウィンキャンペーンを展開


 キャンペーンの内容は、キャンペーンの公式Instagramアカウント(@kaki_nstagram)をフォローし、インパクトあるハロウィンシールを貼った柿を楳図かずおさんの代表作「まことちゃん」の「グワシ!!」のポーズで「グワキ(柿)!!」と撮影。ハッシュタグ「#グワキ」をつけてInstagramに投稿し、みんなでハロウィンを柿で盛り上げようというものです。


あわせて読みたい

おたくま経済新聞の記事をもっと見る 2019年9月25日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。