不良マンガの金字塔『WORST』が完結 『WORST』のようになれなかったオッサンを引きつけた魅力

不良マンガの金字塔『WORST』が完結 『WORST』のようになれなかったオッサンを引きつけた魅力
拡大する(全1枚)

 1980年代前半に一世を風靡した『ビー・バップ・ハイスクール』(講談社)や『湘南爆走族』(少年画報社)を筆頭に、1990年代には『ろくでなしBLUES』(集英社)、『湘南純愛組』(講談社)など、不良マンガにはそれぞれ各年代を代表する作品がある。その中で、1990年代から2000年代にかけて、個人的に思い入れのある作品を選ぶとすれば、断然『クローズ』と続編の『WORST(ワースト)』(共に秋田書店)だ。

 その『WORST』の最終巻となる第33巻が、12月6日に発売となる。この最終巻の発売を記念して、現在は東京、大阪、名古屋、福岡の主要駅に巨大ポスターが展示されていることからも、この作品の人気ぶりが伺えるのではないだろか。

『クローズ』や『WORST』がすごいのは、登場する高校生(もしくは学校に通っていない同年代)たちの肝がいちいち据わっていて、見た目や物腰が高校生離れしている点だ。ケンカひとつするにも「筋を通す」だの「仁義を切る」だのといった類のことをきっちりするし、私服がネクタイにスーツの奴もいるし、顔が傷だらけの奴だってひとりや2人じゃない。1エピソードに2~3人は出てくるので、累計だとものすごい数になる。むしろ顔に傷のない奴が少数派なのかもしれない。立派なヒゲを蓄えている奴もいて、とにかく男性ホルモンの分泌量が尋常じゃない。登場人物たちが将来ハゲるんじゃないかと心配になるくらいだ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

おたぽるの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

マンガ・アニメニュースランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る
お買いものリンク