サボらないと死んでしまう!? A-1 Picturesの労災認定に見る、アニメ業界全体の労働環境改善の可能性

サボらないと死んでしまう!? A-1 Picturesの労災認定に見る、アニメ業界全体の労働環境改善の可能性

 4月11日、新宿労働基準監督署がアニメ制作会社・A-1 Picturesの制作進行だった男性(当時28歳)が2010年に自殺した事件を、過労によるうつ病が原因だとして労災認定したことが、アニメファンの間で波紋を呼んでいる。

 新聞などの報道によれば、男性は06年に正社員として同社に入社。『おおきく振りかぶって』『かんなぎ』などの制作進行を担当していたが、月労働時間は600時間に上り、残業代は一切支払われていなかったことが明らかになっている。休みなしで働いても月に一日20時間を超える異常な労働時間だ。

 A-1 Picturesは、アニメ製作会社・アニプレックスの100%子会社で、日本動画協会にも正会員として加盟する企業だ。そのような企業でも、異常な労働環境が常態化していたわけだ。

 ほかのアニメ制作会社で制作進行を務める人物に聞いても、他人事ではないという声が多い。

「制作進行の仕事内容は、最も休息が取りづらい過酷なものです。みんな、なるべく自分の限界を見極めて休息を取るようには心がけていると思います。意図的にサボらないと、本当に死んでしまいますよ」(ある関係者)

 アニメ制作の労働環境の過酷さや、賃金の安さは、これまで何度も指摘されてきた。けれども、それを改善しようという意識を持つ者は少ない。

 日本アニメーター・演出協会(JAniCA)では、2009年に700人を超えるアニメーターの協力を得て労働・生活実態の調査が行われた。

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

おたぽるの記事をもっと見る 2014年4月30日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「からかい上手の高木さん」のニュース

次に読みたい関連記事「からかい上手の高木さん」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」のニュース

次に読みたい関連記事「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ニセコイ」のニュース

次に読みたい関連記事「ニセコイ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。