『HUNTER×HUNTER』再開を前に、脱落作品も...「週刊少年ジャンプ」打ち切りレースの行方は?

『HUNTER×HUNTER』再開を前に、脱落作品も...「週刊少年ジャンプ」打ち切りレースの行方は?

――発行部数280万部(一般社団法人 日本雑誌協会発表)を誇る最強の少年マンガ誌「週刊少年ジャンプ」。そんな「ジャンプ」の最新情報をさまざまな角度からご紹介!

 本日12日発売の「週刊少年ジャンプ」(以下、「ジャンプ」)2014年24号の表紙は、テレビアニメ放送中の『ニセコイ』。今週の表紙を飾りつつ2号連続センターカラーと、アニメのクライマックスを前に露出が増える形となった。巻頭カラーは、『暗殺教室』。本誌で募集されていた「暗殺者募集企画」の最優秀賞を元に、作者の松井優征がカットを描き下ろしている。『暗殺教室』本編やトビラコピーでは、『極上!!めちゃモテ委員長』(小学館)や『OH!MYコンブ』(講談社)のパロネタを盛り込むなど、通常運転ながら安定した人気を見せている。

 巻頭の情報ページでは、『ONE PIECE』の「ご当地Tシャツ読者投票コンテスト」受賞作発表のほか、先日発表された『バクマン。』実写化の報などが掲載されている。今回、『バクマン。』の情報ページに掲載されたキャスト、監督、作者コメントは、公式ホームページと同一のものだったが、「ジャンプ」での続報が待たれるところだ。

 今週の掲載順位としては、上位陣に大きな順位変動はなし。そして、先週まで3週連続最下位となっていたサッカーマンガ『TOKYO WONDER BOYS』が今週も最後尾となり、10話にして連載終了となった。過去には『キャプテン翼』などを輩出しながらも、サッカーマンガが育ちにくいと言われている「ジャンプ」。今号でも掲載されているサッカーの情報企画連載「蹴ジャン!」など、人気スポーツのサッカーに力を入れているように見受けられるが、肝心のヒット連載に結び付けられないのは歯がゆいところだろう。そして、『ステルス交境曲』も掲載順位ワースト2位と気が抜けない状況。今週、11.5話として変則的なスタイルを取り、本編自体も大どんでん返しが起こりそうな予感だが、人気上昇となるか? 現在、今後の新連載などは未発表で、『HUNTER×HUNTER』(以下、『H×H』)が連載再開となる27号までにさらなる連載終了作が出てくるのかと合わせて、注目が集まっている。


あわせて読みたい

おたぽるの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「NARUTO」のニュース

次に読みたい関連記事「NARUTO」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「FAIRY TAIL」のニュース

次に読みたい関連記事「FAIRY TAIL」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ONE PIECE」のニュース

次に読みたい関連記事「ONE PIECE」のニュースをもっと見る

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年5月12日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。