【小ネタ】「放送」「放映」使い分けの基準は? 時代の変遷に伴って揺らぐ用語の境界線

【小ネタ】「放送」「放映」使い分けの基準は? 時代の変遷に伴って揺らぐ用語の境界線

 5月11日、テレビ朝日が、アニメドラえもん』をディズニーXDにてアメリカ向けにローカライズして放送すると発表し、話題になっている。この件は、テレビ朝日の発表前の5月8日に新聞各紙を賑わせていた。その多くは基本的に共同通信からのもので、それに準じて北から南まで各地方紙にも掲載された。

 スポーツ紙を含め各紙の掲載では「放送」となっていたが、日本経済新聞だけが「放映」となっていた。そして、5月12日のテレビ朝日のプレスリリースには「放送」と記されている。この表記の違いについて気になった人もいるかもしれない。

「放送」と「放映」の使い分けについて、2000年にNHKは視聴者からの疑問に対して「原則として『放映』は使わない」と回答している(https://www.nhk.or.jp/bunken/summary/kotoba/gimon/064.html)。加えて「放映」は、新聞や雑誌などの活字メディアで見られることも補足している。これに照らすと、共同通信および各紙はテレビ朝日の事前発表にそのまま合わせて「放送」とし、日本経済新聞は意識的に「放映」と言葉を変更したものと思われる。

「放送」と「放映」という言葉については、「制作」(コンテンツを作る)と「製作」(出資など、プロデュースする)ほど使い分けがなされていないように見える。しかし、アニメを含めた番組の公式サイトには「放映」という用語は出てこないので、視聴者の気づかないところで明確に境界線が引かれているのである。ネット上には活字媒体が多いため、「放映」という言葉の使用率が高い傾向にあるようだが、雑誌での毎クールごとの新番組の関係者インタビューでも「放映」の字が躍っている。視聴者の間でも「放映」という言葉が一般的になっていたりするのは、活字メディアの影響が大きそうだ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ドラえもん アニメ
  2. ドラえもん 星野源
  3. ドラえもん 映画
おたぽるの記事をもっと見る 2014年5月18日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ドラえもん + アニメ」のおすすめ記事

「ドラえもん + アニメ」のおすすめ記事をもっと見る

「ドラえもん + 映画」のおすすめ記事

「ドラえもん + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「クレヨンしんちゃん」のニュース

次に読みたい関連記事「クレヨンしんちゃん」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら