"パクリ"騒動で謝罪の『ノーゲーム・ノーライフ』 一方、今なお騒がれる『ラブライブ!』は...

"パクリ"騒動で謝罪の『ノーゲーム・ノーライフ』 一方、今なお騒がれる『ラブライブ!』は...

『逆転裁判』や『ドラえもん』など、"パロディ"ネタをふんだんに使っている現在放送中のアニメ『ノーゲーム・ノーライフ』。中でも、第4話で『ジョジョの奇妙な冒険』の名セリフ「だが断る」を言い放つ主人公・空と白は、作画まで『ジョジョ』風に描かれ、「ここまでやられると逆に面白い」という声が上がるなど、視聴者の間ではなかなか好評のようだ。
 
 そんな『ノーゲーム・ノーライフ』だが、現在"パクリ"騒動で話題になっている。件のパクリとは、作中で、個人サイトにて公開されている魔方陣イラストを無断で使用したというもの。問題のシーンは第7話の「死に手《サクリファイス》」の冒頭シーン。このシーンの背景に散りばめられている魔方陣が、上記のものと酷似しているのだ。

 5月22日に第7話が放送され、それを見た魔方陣イラストの作者がTwitterで、無断転用への抗議をツイートしたことをきっかけに、ネットで話題に。5月28日には『ノーゲーム・ノーライフ』の公式サイトが文面で謝罪する事態にまで発展。そしてBlu-rayとDVDに収録される本編映像では、該当箇所をすべて"差し替える"と発表したのだ。
 
 このような事態は以前にも起きている。2011年には、『ドラゴンボール改』の第1期に流れていたBGMが盗作であることを東映アニメーションが発表し、パッケージ化の際にBGMを"差し替える"措置を取った。実際に、再放送分と「人造人間 セル編」のDVD7巻、Blu-ray BOX 3巻以降の音楽は、問題のBGMを担当していた山本健司から旧アニメ版『ドラゴンボール』の音楽を担当していた菊池俊輔に変更されている。


あわせて読みたい

気になるキーワード

おたぽるの記事をもっと見る 2014年5月31日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「アルスラーン戦記」のニュース

次に読みたい関連記事「アルスラーン戦記」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「転生したらスライムだった件」のニュース

次に読みたい関連記事「転生したらスライムだった件」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「デュラララ!!」のニュース

次に読みたい関連記事「デュラララ!!」のニュースをもっと見る

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。