"Gレコ"の原点!? シャアのクローンが活躍する富野ガンダムの黒歴史『ガイア・ギア』が復刻されないワケ

"Gレコ"の原点!? シャアのクローンが活躍する富野ガンダムの黒歴史『ガイア・ギア』が復刻されないワケ
       

 7月からは『ガンダムさん』、秋からは『ガンダム ビルドファイターズ』第二期に『ガンダム Gのレコンギスタ』が放送開始、そして来春には『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』のイベント上映を控え、35周年を迎えて破竹の勢いで展開する「ガンダム」シリーズ。

 だが、ここまでの道のりは決して平穏なものではなかった。関係者としては、今となってはできるだけ触れたくない黒歴史(思えばこれも元はガンダム用語だ)的作品も存在するのだ。今回は、そんな中で「ガンダム」シリーズの生みの親、富野由悠季氏自身が手がけた問題作『ガイア・ギア』を紹介しよう。

 宇宙世紀203年、南洋の島を模したスペースコロニーで育った青年アフランシ・シャア。一年戦争の英雄シャアの記憶を受け継ぐメモリークローンであり、反地球連邦組織"メタトロン"のリーダーに祭り上げられた彼は、人型兵器"マンマシーン"に乗り込み、連邦の秘密警察"マハ"と戦いを繰り広げていく......。

 本作は、1987年から1991年にかけて角川書店のアニメ誌「ニュータイプ」誌上で連載し、スニーカー文庫から全5巻の文庫本としても発売された長編小説で、著者はもちろん富野由悠季氏。人型兵器マンマシーンによる戦闘描写の激しさや、過剰なドラマ展開、80年代末にすでに遺伝子や環境にまつわる問題をテーマに組み込んだ先見性、なにより当時の富野氏の半ば暴走ともいえるエネルギッシュな創造力が存分に味わえる作品で、富野ファンの間では今なおカルト的な人気を誇っている。


あわせて読みたい

おたぽるの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年6月27日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。