聖地は少ないが出身者は多い! 転機を迎えたジブリから「近藤喜文展」開催中の新潟県アニメ・マンガ事情

聖地は少ないが出身者は多い! 転機を迎えたジブリから「近藤喜文展」開催中の新潟県アニメ・マンガ事情
       

 7月19日から上映が開始されたスタジオジブリのアニメ映画『思い出のマーニー』では、公開記念として18日から西武池袋本店にて監督をフィーチャーした「米林宏昌原画展」、27日から江戸東京博物館にて同作の美術監督をフィーチャーした「思い出のマーニー×種田陽平展」を順次開催している。

 一方、同じくジブリに縁のある展示が新潟県で開催中だ。新潟市の朱鷺メッセ内にある新潟県立万代島美術館にて、今月4日から開催されている「新潟が生んだジブリの動画家 近藤喜文展」である。

 同県五泉市で生を受けたアニメーターの近藤喜文さんは、1995年の長編初監督作品『耳をすませば』の後、98年、まさにこれからという時に逝去した。仮に存命であれば、「ジブリにおけるアニメ映画のラインナップは確実に現在とは異なっていた」と語り草になるほどに、その他界は惜しまれている。

 ジブリ関連の展覧会としては2012年に愛媛県の新居浜市立郷土美術館で、市制75周年記念事業として特別企画展「ジブリの動画家 近藤勝也展」が開催されたことがある。今回の「近藤喜文展」は、宮崎駿監督の「引退」だけでなくジブリがさまざまな転機を迎えた中でもあるため、来館者にとっても思うところが多いものになるだろう。

 そんな新潟県では、古くは1983年から隔月開催の同人誌即売会「ガタケット」が知られてきた。一方、行政の取り組みとしての起源は、1998年から開催の「にいがたマンガ大賞」になる。それらを活かすべく、同県は11年に「マンガ・アニメのまち にいがた」を掲げ、「マンガ・アニメを活用したまちづくり構想」を策定した。同構想に基づいて、同年より「がたふぇす(にいがたアニメ・マンガフェスティバル)」を開始し、昨年は「新潟市マンガ・アニメ情報館」と「新潟市マンガの家」も開設した。


おたぽるの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「耳をすませば」に関する記事

「耳をすませば」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「耳をすませば」の記事

次に読みたい「耳をすませば」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年7月29日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

  1. 耳をすませば 高橋一生

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。