これが「『けいおん!』を意識した萌え4コマ」!? 謎のウェブアニメ『土鶸井先輩保護クラブ』の正体

これが「『けいおん!』を意識した萌え4コマ」!? 謎のウェブアニメ『土鶸井先輩保護クラブ』の正体

 今年春、謎のウェブアニメが一部のアニメファンの間で話題となった。そのアニメとは、『土鶸井先輩保護クラブ』。2011年より「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)で不定期に読み切りを掲載している新進のマンガ家・窓ハルカがコミティアで発表した同名作を原作に、さらに、主役の土鶸井先輩のCVを小林ゆうが、主人公の友人である萌恵と真理絵の声をそれぞれM・A・O種﨑敦美が担当するなど、かなり豪華な声優布陣を擁しているウェブアニメだ。

 そんな『土鶸井先輩保護クラブ』の内容を簡単に説明すると、以下の通り。病弱でプロレスラーに憧れる土鶸井先輩(留年したために、高校2年生)は、おとなしいGカップの萌恵と明るいちびっ子・真理絵(共に新入生)と出会う。土鶸井先輩を保護する「土鶸井先輩保護クラブ」のメンバーとなった3人が送る瑞々しい学園生活を描く......それが『土鶸井先輩保護クラブ』だ。本作は"王道シュール"という語義矛盾な形容詞がピッタリのハイスクール・コメディとなっている。

 さらに、オープニングテーマ「護ってかまってルンルンルン」も本編に負けず劣らず強烈。どこか"守護月天"とか"花の子"とかを想起する曲名だが、声優のM・A・Oがしっとりと「菊の門緩みながら」というサビのフレーズを歌い上げるあたり、狂気すら感じる。

 とまぁ、このようにパッと見ただけでおかしいことがわかる(褒め言葉)本作だが、何が気になるってその制作動機である。なんせ、失礼を承知でいうと窓ハルカ氏は単行本も発売されていない新人のマンガ家さん。加えて、本作はYouTubeとニコニコ動画に公開された後、その後の展開も発表されず......。単なる自主制作作品か? いや、それにしては制作陣など力が入りすぎているような......。見れば見るほど、謎が深まる『土鶸井先輩保護クラブ』。一体このアニメはなんなのか? 今回、原作の窓ハルカ氏と本作の演出を担当した青木彰人氏が取材に応じてくれるということで、『土鶸井先輩保護クラブ』について話を聞いた。

――まず、『土鶸井先輩保護クラブ』ですが、どういった経緯でアニメ化されたのでしょうか?

窓ハルカ(以下、窓)「『土鶸井先輩保護クラブ』は、私が出した同人のコピー本なんですけど、それを青木さんたちのアニメ制作集団『ARDELTA』に目をつけてもらったみたいで......」

青木彰人(以下、青木)「元々、窓さんのマンガをツイッターで見かけて衝撃を受けて......単純に面白いと思ったんですよね。それで、ぜひ窓さんの作品を映像化したいと思ってお声がけしました。僕らのサークル『ARDELTA』では、僕らが面白いと思ったものをアニメにしたいな、と思いまして」

――となると、『土鶸井先輩保護クラブ』は完全に自主制作の同人的な作品ということですか。

青木「こういう作品って、あくまでサブカルチャーでテレビで放送するのでもない。ただ、作品自体がすごく面白かったので、アニメにしてみたいと思った。そんなところから始まっています。もちろん、この作品が今後何かにうまくつながればいいな、とも思っていますが(笑)」

――なるほど。窓さんはアニメ化という話を聞いて、どう思いましたか?

窓「最初は意味がわからなかったですね(笑)。ファンの方が趣味で動画を作ってくれるのかな? 嬉しいなって。でも、出演してくださる声優さんなどをご連絡いただいて、今回のアニメ化のすごさを実感するようになりました」

――元々同人で出していた作品が、まさかこんなしっかりとアニメになるとは思わないですものね......。

窓「でも、実は『土鶸井先輩保護クラブ』は、元々アニメ化したいと思って、萌え4コマを意識して描いてたんです。『けいおん!』みたいに女の子がキャッキャウフフしてる、芳文社さんの作品みたいな......芳文社さんの作品はアニメ化しているのも多いので」

――え、じゃあ今回のアニメ化は目論見どおりだったんですね(笑)。

窓「そうですね。私、小さい頃から売れたかったので、良かったです」

――"小さい頃から売れたかった"というのもすごいですね(笑)。窓さんの作品からはそんな印象を受けないので、なおさら驚きです! そもそも窓さんがマンガ家を目指したきっかけというのはなんでしょう?

窓「小さい頃からマンガ家になりたくて......実際は4年くらい前から本気でマンガ家を目指すようになりました。3年ほど前からPixivなどを始めて、マンガを公開するようになって、今も仕事をしながらマンガを描いてます」

――小さい頃からマンガ家になりたかったということですが、どんなマンガを読まれてたんですか?

窓「『なかよし』(講談社)『月刊少年ガンガン』(スクウェア・エニックス)『月刊少年ギャグ王』(エニックス/現スクウェア・エニックス)とか、高橋留美子さんの作品を読んでましたね。『ギャグ王』では、『半熟忍法帳』の新山たかしさんとかが好きでした。高校生になってからは、つげ義春さんを知って『ガロ』(青林堂)や『アックス』(青林工藝舎)『マンガ・エロティクス・エフ』(太田出版)を読むなど、サブカルにハマっていきました。その後、持ち込みをした『週刊少年チャンピオン』の編集長が私のマンガを気に入ってくれたらしくて、代原でデビューしました」

――なるほど。つげさんから「エロティクス・エフ」なんかは、サブカルの王道といった流れですね。ほかに好きな作家さんはいらっしゃいますか?

窓「あとは、華倫変さんとか岡田あーみんさんも好きですね」

青木「実は、僕も岡田あーみんがすごい好きで、窓さんの作品を読んで岡田あーみんっぽいな、と思ったんです。それで、懇意にしているM・A・Oさんのマネージャーさんに『土鶸井先輩保護クラブ』のことを話す機会があって......。『最近、こんなことをしているんだよねー』って。そしたら、そのマネージャーさんも岡田あーみんが大好きで、窓さんのマンガを読んで『面白い』って言ってくれたんです。そんなこんながあって、今回のアニメにもM・A・Oさんの起用にOKを出してくれました(笑)」

――豪華声優陣起用の背景にはそんな裏話があったんですね!

青木「M・A・Oさんには主題歌でも際どい歌詞に挑戦してもらいましたね。ただ、さっき窓さんが言ったように、『土鶸井先輩保護クラブ』はこれでも窓さんの作品の中で一番一般受けしそうな作品。一線級のスタッフも揃えているので、ぜひみなさんに一度見てみてもらいたいですね。それで次につなげられればと(笑)」

窓「初めてのアニメ化ですが、青木さんを始めとしたスタッフの方々や有名声優さんが参加してくれて、本当に素晴らしいものにしてくださいました。ぜひ『土鶸井先輩保護クラブ』をよろしくお願いします」

――本日はありがとうございました!

 そんな窓さんは、現在リイド社の運営するWebマガジン「トーチ」で『窓ハルカ短編マンガ集成』を連載中。じわじわと確かに売れてきている気配を感じる......。このまま人気が沸騰すれば、『土鶸井先輩保護クラブ』も日常系作品に飢えたプロデューサーが目を付けてのテレビアニメ化も夢じゃないかも......!? 『土鶸井先輩保護クラブ』の今後の展開、窓ハルカさんの活躍に乞うご期待だ!

■『土鶸井先輩保護クラブ』
http://ardelta.net/dohiwai/

■ARDELTA
http://www.johokan-works.co.jp/ardelta/

【一言メモ】
『土鶸井先輩保護クラブ』オープニングテーマも歌唱した萌恵役のM・A・Oは、正にブレイク待ったなし。今秋スタートの『まじっく快斗1412』(中森青子役)では、ついに夕方アニメのヒロインに! 来期も『デュラララ!!×2』(ヴァローナ役)など、話題作への出演を控えているので、こちらも要チェック。

あわせて読みたい

気になるキーワード

おたぽるの記事をもっと見る 2014年10月10日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。