「五七五七七に萌えをぶっこむこと!」歌壇に新たな刺激を与えたBL短歌の深~い世界とは?

「五七五七七に萌えをぶっこむこと!」歌壇に新たな刺激を与えたBL短歌の深~い世界とは?

 皆さん、初めまして。「歌人」をしている北夙川不可止(きたしゅくがわ・ふかし)と申します。大体どこに行っても、あだ名の「伯爵」で呼ばれています。学会に行った時ですら、教授からもそう呼ばれるくらいです。

 ですから皆さんも、気軽に「伯爵」と呼んでくだされば、と思います。単なるあだ名であり、旧伯爵家の出というわけではありませんので、念のため。

 私は歌人なので、今回から「短歌」についての連載をさせてもらうことになりました。といっても、現代日本で「普通」に生活していると、「短歌って何?」と思いますよね(汗)。実際、「歌人です」と自己紹介したら「一句詠んで」といわれること多数......。一句二句と数えるのは俳句と川柳で、短歌は一首二首と数えるのですが(笑)。そして、「歌会(かかい)をするのでよければ来て下さい」と言えば、「季語は?」と尋ねられることもしょっちゅうです。季語が必要なのは俳句だけであって、短歌には季語っていらないんですよ。

 ということで、まずは「短歌」について、ちょっと国語のおさらいをしておきましょう。短歌とは、五七五七七の三十一音からなる定型詩のことで、現代まで続く定型詩としては、世界最古級の歴史を持っています。ちなみに、俳句の歴史は大体室町時代からなので、『万葉集』にまでさかのぼる短歌と比べると、随分新しいですよね。

 そんな古い歴史がある一方で、明治時代には、正岡子規たちによって大改革されてています。皆さんは「古今伝授」という言葉を聞いたことがありますか? 『万葉集』の時代の和歌(短歌以外の長歌、旋頭歌なども含む)はあらゆる階層の日本人によって詠まれ、楽しまれていたのですが、平安時代に入ると、貴族を中心とする上流階級の「遊び」「嗜み」へと変化していきました。また、さまざまな形式の中から短歌のみが生き残り、短歌=和歌と呼ばれるようになります。

 鎌倉時代以降、「『古今集』が最高の和歌集」とされるようになり、形式と技巧を重んじ、個人の創造性は重視されないようになっていったのです。そして、室町時代には大勢で楽しむ連歌が完成され、そこから俳諧=俳句のルーツが誕生します。

 江戸時代というのは平和な時代で、経済的にも安定したので、庶民も旅行を楽しめるようになりました。また、識字率も当時の世界の中では圧倒的に高く、文盲の人が少ない社会となっていました。ですから、江戸時代の庶民の「旅日記」がたくさん残っているのですが、そこに書き留められた「和歌」には、文学として、芸術として評価できるものがほとんどありません。それは当時の和歌が「和歌が詠めるほど教養のある自分」をひけらかすためのものになってしまっていたから、です。伊勢参りに行けば、どこをどう詠むという「型」が決まってしまっています。そこから逸脱した独創的な作品は、「こいつは教養がない」と切って捨てられる、そういうことになってしまっていたのです。

 それから明治維新へと世の中は移り変わります。この日本史上最大の出来事は、政治や経済の面だけではなく、日本の宗教や文化にも、大きく、深い影響を及ぼしました。今、保守派の政治家たちによって「美しい日本の伝統」だと喧伝されていることの多くが、実は明治期に始まった新しいものであるという例が少なくありません。

 同時に、思想の面でも、西洋の新しい考え方がどんどん入ってきます。それは芸術の面にもさまざまな変化を生み出しました。それまでの「型の踏襲」と中心とする「集団の芸事」から、個人の「内的パトス」の発露としての「芸術」に変異していったのです。

 文学の世界でも、二葉亭四迷による言文一致運動が始まります。それまでの日本語は話し言葉と書き言葉が大きく乖離していて、書き言葉には、皆さんも古文の時間に苦悩させられたでしょう、平安時代中期の文体を正式なものとしていいました。現代日本語の口語で書く文体は、二葉亭四迷をはじめ、夏目漱石、森鴎外といった明治の文豪たちが苦労して作り上げたものなのです(森鴎外の『舞姫』のような「え、これが現代国語!?」と驚かされる擬古文は、その過程で生まれた訳です)。

 そして詩歌では、正岡子規たちがそれまでの形式主義に陥っていた旧派の和歌・俳諧を、芸術性の高い短歌・俳句に変革していきました。現代短歌は古く万葉集にそのルーツを求められますが、直接的な先祖は正岡子規、与謝野晶子といった明治の大歌人たちに始まると言っていいでしょう。歌壇・俳壇に流派や家元制度がないのは、それが「近代」の産物だからなのです。

■盛り上がるBL短歌の世界

 さて、僕はゲイでもあります。歌壇にはゲイは少なくないと思うんですが、"オープンリーゲイ"となると話は別で、あまりいないようですね。そんな中で僕は、特に隠す必要も感じていないのでオープンにしているのですが、となると当然、ゲイ的要素を作品に詠むことが少なくありません。

 ある日、Twitterで面白いハッシュタグを見つけました。それが、「#BL短歌」です。

 僕はゲイの「王道」からは大きく外れているんですよね(笑)。無論、人の好みは人それぞれなんですが、その中でも、ゲイの世界では体育会系、マッチョ、筋肉質などが「主流」を占めていることは確かです。ところが僕は、自身が大のスポーツ嫌いという徹底的な文化系だし、好みのタイプも華奢で中性的な美少年です。ということで、こと「男の好み」となると、ゲイ同士よりむしろ婦女子・貴腐人の方が話が合うんですよね~(笑)。ですから、実は"婦女子嫌い"のゲイも少なくない中、僕は腐女子の友達がたくさんいるし、BLも嫌いではなく、時々ですが読んでたんですよ。

 そこに、「#BL短歌」というハッシュタグじゃないですか。歌人としては食いつきますよね。見てみたら、腐女子の皆さんがやってるらしいんだけど、けっこう面白い作品もあって。そして、2012年、早速仲間に入ったのです。

 その年の11月18日、東京流通センターで大々的に開催された「第15回文学フリマ」にてBL短歌同人誌「共有結晶vol.1」を発表したところ、なんと即日完売という大変なことになりました。たまたま仕事で東下りしていた僕が応援に駆け付けた時には、もう1冊も残っていなかったのです。

 以降2013年に第2号を、そして2014年秋には第3号と、1年1冊のペースで刊行を続けています。その間、各地の文学フリマなどに参加するほか、2014年1月12日には大阪の都心のビジネス街にあるお洒落なお店「文学バー・リズール」にて、若手女流歌人の鳥居さんをゲストに、僕が司会を務めてBL短歌のオフイベントを開催しました。バーのもともとの常連である文学好きの皆さんにBL好きの皆さんも加わって、超満員、白熱のイベントになったんですよ。楽しかった。

 そういった活動を積み重ねる中で、BL短歌の可能性や課題も徐々に浮き彫りになってきています。特に可能性は、大きなものがありそうです。

 短歌は、特に近代以降、「一人称の文学」だとされてきました。日本語の特性として「主語が省略できる」ことがありますが、作品中に主語がない場合、その主体は作者本人だと思って読む、のが普通です。そういった「近代の作法」が現代になって崩れつつあるとはいえ、まだまだ根強いものがあるのです。

 ところが、BLだと、特にいわゆる"版権モノ"、つまりなんらかの既存の作品の登場人物に仮託して詠まれた短歌の場合、その作中主体は決して「作者本人」ではありません。BL短歌の仲間からは「憑依短歌」という言葉まで生まれました。登場人物が自分に憑依して歌を詠ませるのだ、ということです。版権モノならずとも、女性たる腐女子・貴腐人が「男」になって短歌を詠むのは、「一人称が空気のように当り前になっていた短歌」に風穴を開けることになりましょう。これは子規の「短歌革新」から早一世紀以上が経過し、次なる飛躍を必要としている歌壇に、大きな刺激となるかもしれないのです。

 さて、それではBL短歌にはどのような作品があるのでしょうか? 「共有結晶」からご紹介致しましょう。なお、BL短歌の創始者であり「共有結晶」の代表である佐木綺加(谷栖理衣)さんによるBL短歌の定義は、「五七五七七に萌えをぶっこむこと!」です。

  あなたへの好きも嫌いもすこやかに生きてゆくには差しさわります   わたぬき

  「口の中、血まみれだからキスしても、錆びた味しかしない、ばかだね」   似子

  抱き合うと液体になるたましいはたましいのまま拷問に遭う   佐々木紺

  越えてゆく方法はあるはずぼくのからだのなかで鳴りやまぬ風   平田 有

  「この本は悪書 閉架に隠すべし」 裸の我を抱きし教師が   岩川ありさ

  もし神がいないのならば許されることのすべてを兄は許さじ   ネムカケス

  世界中のあまったるいものぶちまけて君との部屋に溺れてゆく日   黒澤 蜜
 
  初恋をまだ知らなくて十七歳殺してやりたい男ならいる   柳川麻衣
         
  先生と僕との二人だけだよと抱きつきてささやくゆふべのキャンパスに   伊良波とむ
        
  眞晝間(まひるま)を暗黒として少年は汗ばむ指にスマホ握れり   北夙川不可止
        
  カラコンの瞳の奧に秘めしもの見拔けぬままに君の手を取る   北夙川不可止
        

 次回からは、皆さんからも作品を募集し、解説をさせていただければと思います。初回のテーマは「憑依短歌」。その実例は、「進撃の巨人」をテーマとする「#進撃短歌」をご覧くださいね

 それでは、力作をお待ちしています!

★★★BL短歌 第1回お題「憑依短歌」応募フォームはコチラ★★★
https://docs.google.com/forms/d/1zRX2ofGEenh1F65b88mx5DyB0gCv68nncyA5Es2spBg/viewform

●北夙川不可止(きたしゅくがわ・ふかし)
関西在住の歌人、コラムニスト。短歌結社『玲瓏』所属。近代の歴史的建造物や風情ある街並を守る運動などにも注力し、近年では、地域活性化を見据えた現代アートイベントのディレクターなどとしても活躍中。

★公式サイト「骨董建築写真館」<http://chambre.jog.buttobi.net/>
★Twitter<https://twitter.com/comtefq>

あわせて読みたい

おたぽるの記事をもっと見る 2015年1月27日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。