『アオイホノオ』に「星雲賞」――日本SF大会をめぐる34年越しの“リベンジ”!?

『アオイホノオ』に「星雲賞」――日本SF大会をめぐる34年越しの“リベンジ”!?
       

 8月29・30日、鳥取県・米子市で毎年恒例の「第54回 日本SF大会」が開催された。大会内では、これまた恒例の「第46回星雲賞」の受賞作品も発表されたが、その中の“自由部門”で昨年7~9月に放送された「ドラマ24『アオイホノオ』」(テレビ東京系)が選ばれ、SF&ドラマファンから喝采を浴びている。

「日本SF大会」は日本のSFファンが集うお祭りで、1962年に開催されて以来、存続の危機を何度も乗り越え開催されてきた、歴史あるサブカルチャーイベント。公演やトークイベント、コスプレ、同人誌の即売会も行われるなど、「コミックマーケット」(75年12月開催)にも影響を与えた、日本・オタクイベントの源流とも言えるイベントだ。

 その「日本SF大会」の目玉イベントが、「星雲賞」。過去1年間の優れた作品を、テーマ別・9部門に渡ってSFファンの投票で選出し表彰していく、SF作品への賞では日本ではもっとも古い賞だ。過去受賞者には筒井康隆、小松左京といったビッグネームがずらりと並ぶが、その星雲賞・自由部門で、ドラマ・SF・アニメと幅広い層から好評を博した「ドラマ24『アオイホノオ』」が選出されたのだ。

 ファンが喜ぶのは、単に歴史ある賞を受賞できたからではないようだ。というのも、ドラマ『アオイホノオ』の作中で、庵野秀明・赤井孝美・山賀博之らが一生懸命制作し、その出来に主人公・焔モユルが大ショックを受けていたあのアニメこそ、81年・大阪で開催された「第20回日本SF大会」で上映されたアニメなのだ。

その日本SF大会で開催される作品賞での受賞とあって、ファンたちも「おめでとうございます!」「リベンジというか、恩返しというか……」「どの賞をもらうよりも感慨深い」と喜びを隠せない様子。

 原作者・島本和彦も大喜びのようで、Twitter上で興奮のTLを連発中。こうなるとやはり期待したくなるのが、ドラマ続編の制作だ。ドラマ『アオイホノオ』のラストでは、主人公の焔モユルがマンガ家となっていたが、その姿が島本のヒット作『燃えよペン』の主人公・マンガ家の炎尾燃(ほのお・もゆる)そっくりと話題となったりもした。マンガ家・焔モユルの活躍か、原作マンガで進行中のドラマか。想像するだけでも、楽しそうな『アオイホノオ』続編。再登場に強く期待したい。

■第46回星雲賞受賞作
・日本長編部門 『オービタル・クラウド』(早川書房) 藤井太洋
・日本短編部門 『海の指』(講談社) 飛浩隆
・海外長編部門 『火星の人』(講談社) アンディ・ウィアー 訳:小野田和子
・海外短編部門 『スシになろうとした女』(早川書房) 
 パット・キャディガン 訳:嶋田洋一
・メディア部門 『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』 
 監督:出渕裕 製作:宇宙戦艦ヤマト2199製作委員会
・コミック部門『もやしもん』(講談社) 石川雅之
・アート部門 水玉螢之丞
・ノンフィクション部門 『サンリオSF文庫総解説』(本の雑誌社) 
 編集:牧眞司、大森望
・自由部門 ドラマ24『アオイホノオ』  原作:島本和彦 監督:福田雄一

当時の記事を読む

おたぽるの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「アオイホノオ」に関する記事

「アオイホノオ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「アオイホノオ」の記事

次に読みたい「アオイホノオ」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年9月1日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。