「“Anime”と言うと限定されたものになる」 山村浩二のアニメーションに対する思いとは?【後編】

「“Anime”と言うと限定されたものになる」 山村浩二のアニメーションに対する思いとは?【後編】

 10月22日から31日まで、第28回東京国際映画祭が開催される。当映画祭では昨年よりアニメーションにも力を入れるようになった。その一方で、同じく昨年より3月末に東京アニメアワードフェスティバル(TAAF)が開始されている。

 山村浩二監督は現在、東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻の教授やASIFA(国際アニメーションフィルム協会)日本支部の理事、そのTAAFでもスーパーバイザーを務めるなど、幅広く活動している。後編では、2003年に第75回アカデミー賞でノミネートされた『頭山』から現在までの活動を伺う。

■アカデミー賞への道が思いがけず到来 改めて振り返る『頭山』ノミネート

『頭山』は完成まで実に6年をかけた。NHKのBSで放送した『バベルの本』の後に、構想を練り始めた。

山村「テレビのシリーズとか単発の仕事の締め切りがタイトだったりとか、『バベルの本』の反省があったので、自主制作で自分の思いのまま納得のいく完成度まで持っていける作品を作ろうと思って、時間を惜しまずにゆっくりと作り始めました。語りも初めは小松方正さんという渋い役者さんを考えてたんですが、『バベルの本』のプロデューサーが、『頭山』を作っているのを知って、講談師の国本武春さんを紹介いただきました。

 それで国本さんのアコースティックライブを見に行って、ナレーターをお願いしました。完成の3、4年前、7割くらいできたところで依頼しました。その後、映像の流れができてビデオコンテ全体で10分くらいの尺で収まっているところで録音しました。制作途中、諦めかけた時もあったんですけど、今になってみれば本当に完成させて良かったと思います。ちょうどその頃、インディーズ映画を配給しているスローラーナーの越川(道夫)さんに、僕の過去の作品に関心を持ってもらえて、『ユーロスペースで上映しませんか?』というお話をいただきました。そして公開のタイミングと『頭山』のアカデミー賞ノミネートなどの話題が繋がるという偶然もありました。

『頭山』の最初の国際映画祭はカナダのオタワでした。上映後の評判も良かったのですが、ノミネートされたものの何も賞は取らなかったのです。それ以前では『バベルの本』や『キップリングJr.』などもノミネートされていましたが、今回はより納得いく作品で、これでちゃんと映画祭で見栄えのするものが上映できたのに、残念なスタートでした。一緒に映画祭に参加されていた古川タクさん夫妻が、僕以上に残念がってくれました」

 アカデミー賞では『頭山』が短編アニメーション部門にノミネートされた一方で、長編アニメーション部門にノミネートされていたのは受賞にまで至った『千と千尋の神隠し』だった。いつかアカデミー賞にと思う監督は多いと思うが、その手順が意外とアッサリしていることは相変わらず知られていないようだ。短編のエントリー資格はロサンゼルスで一般興行するだけで得られるので、商用制作の場合は、その予算も念頭に置くべきではなかろうか。なお『頭山』の場合はアカデミー会員から声がかかった。
 
山村「偶然そこにアクメ・フィルムワークス代表のロン・ダイアモンドさんが来ていて『アカデミー賞に出さないか』って。オタワに行ったお陰でアカデミー賞につながったので、行って良かったですね。短編の場合は、アメリカで3日以上上映した証明書があればエントリー資格が得られます。手数料を取ってそういう業務をやってくれるとこもあるんですよ。そうやって応募することはできるんですけど、ノミネート最終候補には、基本的にアカデミー賞の公認映画祭でグランプリを受賞した作品が並んでいます。

 アカデミー賞はノミネートの発表があった途端に、テレビや雑誌の取材の依頼が、次々と来ました。『情熱大陸』の取材は『頭山』とは直接関係なく、偶然です。たまたまテレビマンユニオンのディレクターさんが僕の作品を好きで、上司に無名の僕の企画を通してくれました。番組的には最後は『アカデミー賞を取れませんでした』になりましたけど」

 以前『つみきのいえ』でアカデミー賞を受賞した加藤久仁生監督にインタビュー(記事参照)した際、会場へはプリウスで向かったと話していた。もちろん山村監督が出ていた当時の「情熱大陸」を見ていたことからの発言である(加藤監督は受賞時に取材ナシ)。

山村「リムジンに乗ったのも番組のお陰です(笑)。招待状にはセレモニーの時間とコダック・シアターの場所が書いてあるだけで、交通費も宿泊費も出ませんから自分で手配しなくてはいけません。セレモニーの3週間前にはノミネーターランチがあるんですが、滞在費のことを考えてそれはパスしました。

 滞在中には、ロン・ダイアモンドさんが短編の入選者たちの世話をされていて、アメリカの大手スタジオ訪問もあります。僕が行った時はディズニー、ルーカス・スタジオのILM、ドリームワークス、ソニーエンターテインメントで、他の入選者と舞台挨拶をしてノミネート作品の上映をしました。スタジオの上層部の人からアニメーターまでが参加して、一緒にランチを食べたりスタジオの見学をしました。大手スタジオの制作体制を垣間見ることができました。

 ドリームワークスの食堂は、24時間フレンチからイタリアンなど何を食べてもよくて、日本とは大違いだなと。福利厚生が行き届いてるのには驚きました。ピクサーになると庭にサッカー場があったり、25mプールが小さく見えるくらいの敷地の広さです。ILMは移転前だったんですが、とても手作りな印象で日本映画の制作現場と近い感じがしました。『スター・ウォーズ』のヨーダのアニメーターとも話をして、当時の古いパソコンを使ってライトセーバーで戦うシーンの演技をしてるビデオを見ながら『僕たちにはいいパソコンを配給してくれなくてね』とか言っていました。

 ディズニーでは門外不出の地下の倉庫にも入れて、『白雪姫』や『ピノキオ』の生スケッチなどを見ることができて刺激的でした。現場ではアニメーターが一番偉くて、『美女と野獣』のアニメーターの部屋に話しに行きました。でっかい倉庫で『ラプンツェル』の企画をやってたフロアがあって、その上にトップアニメーターは個室が与えられてるんです。その人は『頭山』を見てくれてたようで、『オスカー像を持って無事にロスを出られると思うなよ』とか冗談めかして言われました」

 今年は『ダム・キーパー』でノミネートされた堤大介監督が「情熱大陸」の取材を受けていた。番組の中でも登場していたチョコレートオスカーパーティーを覚えている人もいるかもしれない。

山村「ASIFAのロサンゼルス支部では直前に短編アニメーション部門にノミネートされている人たちを呼んで、恒例のチョコレートオスカーパーティーをやるんです。チョコレートのオスカー像をASIFAの会員たちが全ノミニーに贈るというもので、その時のスピーチが一番緊張しました。英語だからっていうのもあるんですが、人前で受賞コメントするのはこんなに緊張するものなんだって」

■日加共同制作の『マイブリッジの糸』 CG会社のポリゴン・ピクチュアズが架け橋に

 その後『頭山』は、6つの国際映画祭でグランプリを受賞。それから発表した作品は『年をとった鰐』『カフカ 田舎医者』『マイブリッジの糸』の順になるが、『マイブリッジの糸』を企画したのは『頭山』が終わった後からだった。

山村「03年にフランスのバランスで行われている映画祭で僕の特集上映があって、参加した時にNFB(カナダ国立映画制作庁)のアマンダ・フォービスさんとウェンディ・ティルビーさんに会ったんです。彼女たちに『自分はNFBに影響を受けてるので、いつか制作してみたい』って話をしたら、その時に紹介してもらったプロデューサーも僕にオファーしてみようと思っていたそうで、タイミングが良かったんです。ただNFBは、外国人は国際共同制作しか認めない規定になっていて、制作費の半分は自国から持ってくる必要がありました。なので日本側でも予算をつけないと作れないんです。

 そこからスポンサー探しが始まったんですけど、なかなか見つからず……。その頃ちょうど自主制作でそれほど時間がかからずに何かできるかもと思っていたのが『年をとった鰐』です。映画祭にエントリーするために、日本語のテキストだと字幕版を作らないといけないので大変でした。実は『頭山』も英語を話せるドイツ人の方に英語版をお願いしていたんですが、録音当日に浪曲バージョンを採用したので、その方には急遽変更で主人公の生の声(相槌など)を担当してもらうことになりました(笑)。

『年をとった鰐』ではバイリンガルの方に頼もうと。ピーター・バラカンさんとは接点はなかったんですが、偶然NHKの国際放送でバラカンさんが司会をされている番組に出演する機会に恵まれて、楽屋で絵コンテを渡したら英語翻訳も手伝ってくれることになりました。

 その間にも『マイブリッジの糸』の予算はNHKにオファーしてたんですが、短編の予算の出し方がなかなか難しくて、NHK技術研究所で始まっていた8Kのスーパーハイビジョンの試験で、もしかしたらその実験の名目だったら予算が出せるかもしれないというところで1年ぐらい8Kの実験に費やしました。当時としては8Kを編集する機器もないですし、そもそも8Kでアニメーションを組み立てるアプリケーションもない環境でした。結局そこでは画像取り込みのテストとスチルの上映までしかできませんでした。最終的には制作予算は、NHK本体から出していただけることになりましたけど。

 ただNHKから出た予算が少し足りなかったので、ずっとNHKとNFBの仲立ちをボランティアでお手伝いいただいていたポリゴン・ピクチュアズ代表の塩田(周三)さんから、『ウチからも出します』と言っていただいて、最終的には配給も一緒にやってもらうことになりました。なかなか日本でお金を集めるのは難しいですね。文化庁の助成金は『半分が外国資本だから』という理由で審査に落ちました」

■アニメーションは全部アニメーション “Anime”と言うと限定されたものになる

『年をとった鰐』の後に作った『カフカ 田舎医者』が07年、オタワでグランプリを受賞した。『頭山』でフランスのアヌシー、クロアチアのザグレブ、日本の広島でグランプリを受賞していたため、これにより世界4大アニメーションフェスティバルを制した。

山村「『カフカ 田舎医者』は契約が成立すると、完成まで1年と3カ月しかない中で21分の制作はかなりハードでした。その間にも『マイブリッジの糸』の企画書や絵コンテ、スケッチを少しずつ進めていました。

『カフカ 田舎医者』が終わった後に、藤幡正樹さんと堀越謙三さんから東京藝術大学大学院教授の依頼を受けました。国立大学で映画を教えてないのは先進国で日本だけということで、各国を視察していたら『日本だったらアニメーション科を作った方がいいでしょう』と言われたらしく、映像研究科にアニメーション専攻を新設することになったそうです」

 そしてTAAFのスーパーバイザーの話が来たのは13年。広島では長編作品の上映もあるものの、コンペティションは短編部門のみである。山村監督はTAAF開催にあたり長編部門に関する提案も行った。

山村「唯一バイザーらしいことを言ったのは『長編もやったほうがいい』くらいですけど(笑)。自分はずっと短編にこだわってやってきたんですが、2010年くらいになって、短編の数は増えてるけどなんだか面白くないなと思い始めていたところで、長編のほうが面白い作品がいくつかあって、今までにないタイプの長編の作り方がされてきてるなと感じていました。

 新しい映画祭をするなら短編に逆戻りするんじゃなくて、第三国も制作していたりと、潮流として面白くなってきてるのと、映画祭自体、商業スタジオが主体の日本動画協会がホストなので、長編コンペティションをやらない理由はないと。映画祭というのはどこよりも早く最新の作品を知る場でもあるので、広島にはないという特徴づけとしてもやった方がいいと思いました。

 準備の1年前なので『長編は無理です!』って言われたんですが、考えてみると短編を数千作品も審査するよりも、長編を数十作品だけのほうが労力はかからないはずなんです。TAAFの話が来る数年前から東京国際映画祭でも何かアニメーションの上映企画を、と話をしていましたが、実現しませんでしたので、TAAFでできて良かったです」

 最後にアニメとアニメーションの違いについて聞いた。海外では90年代から徐々に“Anime”を冠した雑誌の刊行や「Anime Expo」などのイベントが増えてきて今に至る。

山村「それも悩み続けてはいるんですけどね。TAAFはそういう名称なんでアニメと言いますけど、それ以外では全部アニメーションって言ってるんです。別に差別化はしてなくて、アニメーションは全部アニメーションでしょうと。逆にアニメと言うと差別をしていることになるんで。『頭山』がアカデミー賞にノミネートされた頃から、取材を受けた際に字数の関係でアニメと略されるのを、しつこいくらいにアニメーションにしてくださいと言っていました。新聞の場合は見出しだけは編集長の一存で決まるそうで、直してもらえないことが多かったですが。

 それとテレビシリーズが海外でもポピュラーになっていて、海外では日本のマンガ映画が“Anime”として流通していて、マンガ原作の作品は、それ以外のアニメーションとは別の分類になってるんですよね。マンガ文化から来ている作品を“Anime”ととらえているようで、 “Anime”と言った時に一般的にイメージするものがかなり限定されたものになるので、それを避けたいなと。また僕自身、日本のマンガ文化には影響を受けていますが、アニメーション制作そのものはNFB作品が原点でしたし、美術表現の一部と考えていたので、“Anime”と呼ばれることに違和感があり、意識的にアニメーションと言ってきたんですけども」

 前編から読んできた人なら、基本的に文中で「アニメ」と略した箇所がないことに気づいたと思う。そして山村監督のアニメーション人生が、赤塚不二夫の『もーれつア太郎』から始まったことにも留意したい。
(取材・文/真狩祐志)

■ヤマムラアニメーション
http://www.yamamura-animation.jp/

あわせて読みたい

おたぽるの記事をもっと見る 2015年10月15日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら