「公に姿を現したのは『六神合体ゴッドマーズ』」 オタク市場の立役者“腐女子”はいつからいたの!?

「公に姿を現したのは『六神合体ゴッドマーズ』」 オタク市場の立役者“腐女子”はいつからいたの!?

 1月29日に発売された、現在放送中のTVアニメおそ松さん』(テレビ東京系)の1巻(第一松)が、「オリコン週間ランキング」において、Blu-ray&DVDで共に1位の快挙を達成。初週でBlu-ray 3.6万枚(総合2位)、DVD4.3万枚(総合3位)を売り上げた。また、12月16日発売のEDテーマ「SIX SAME FACES ~今夜は最高!!!!!!~」も、発売初週で約6万7,000枚を売り上げ、「オリコン週間シングルランキング」で3位にランクイン。購買層は言うまでもなく腐女子だ。こうした彼女たちの購買欲、フットワーク、財力などに衝撃を受けたオタクたちによって、ある議論が現在ネットで繰り広げられている。議論のテーマは「いつから腐女子は存在したのか」。

“ファン”や“オタク”の定義と同様、腐女子の定義もまた難しいが、「次にくるマンガ大賞 2015」Webマンガ部門で第2位となった『腐女子のつづ井さん』(KADOKAWA)では、“ボーイズラブ(BL)が好きな女性のこと”としている。腐女子であり作者であるつづ井氏がそういうのであれば、大よそ間違いないのだろう。中には、女オタを一緒くたに“腐女子”と呼ぶ人も見られるが、それぞれ好きなものに対するプライド、腐女子には腐女子のプライドがあるため、控えたほうが賢明だと思われる。

 さて、“腐女子”という、近年広く聞かれるようになったこの言葉。誕生については、00年頃にネットから、04年に公開された映画『下妻物語』で桃子扮する深田恭子が「わたし、心根が腐っています」というセリフを吐いてから、いやいやTVアニメ『うる星やつら』でも使われていたなど、諸説あるようだ。しかし、仮に『うる星やつら』だとしても80年代であり、決して大昔からある言葉ではない。では、腐女子自体が現れ始めたのはいつか。それこそが、一部男性がネットで議論しているテーマとなる。

 一説によると「『ゴッドマーズ』から表に出始めた」「公に姿を現したのは『六神合体ゴッドマーズ』」「二次元キャラのカップリングだったら、俺の知る限りだと『ゴッドマーズ』以降」「『ゴッドマーズ』からと昔のアニメ雑誌で読んだ」という、TVアニメ『六神合体ゴッドマーズ』説。81年に放送されていた横山光輝氏原作の同アニメは、名前そのままに6体のロボットが合体し、悪と戦うという、ありふれたロボットアニメだ。しかし、主人公・明神タケルと兄・マーグのイケメン兄弟が殺し合う設定が女性に受け大ヒット。マーグが死ぬ際は、「殺さないで」といった手紙が何万通も届き、中にはカミソリが入っているものもあったといい、さらには葬儀まで行われた。また、10万人の署名を集め、再編集された劇場版まで公開されている。やはり、腐女子の行動力は当時から凄まじかったようだ。

『六神合体ゴッドマーズ』で頭角を現した後、「『ゴッドマーズ』『キャプテン翼』『聖闘士星矢』」「星矢→幽白るろ剣→ブリーチ」「『キャプテン翼』のホモ同人なんかも多かった」「翼→スラダンテニプリ」「『幽白』はほんと多かったな」など、「週刊少年ジャンプ」系マンガでさらに火が点いたという声も多い。この中で古いものだと、81年より連載されている『キャプテン翼』と86年から始まった『聖闘士星矢』(すべて集英社)。当時、『キャプテン翼』を題材にした“やおいもの”同人誌がコミケに溢れたといい、一方『聖闘士星矢』は、かつて発行されていた男性同性愛をテーマにしたマンガや小説などの女性向け総合誌「JUNE」の読者(JUNE系)に愛されたそうだ。

『六神合体ゴッドマーズ』『キャプテン翼』『聖闘士星矢』はすべて80年代。しかし、腐女子の精神を持った女性がその時代から現れ始めたのかというと、そうでもなさそう。結構な人が、「平安時代」「平安から」「日本でいえば平安だろ」と、平安時代を口にする。その裏づけとして挙がるのが、今更説明するまでもないぐらい著名な“世界最古の長編小説”ともいわれる『源氏物語』。紫式部が書いたとされる『源氏物語』は、容姿端麗で帝の息子な上に、学問、音楽、絵画など、さまざまな才能に溢れた主人公・光源氏が、とにかくモテるという物語だ。モデルがいたとの説もあるが、あくまでフィクション。いまでも見られるこの手の物語を想像し書いているのだから、書いた女性の妄想は確実にたくましい。ときには、「あのお方とあのお方が裸で寄り添い……」という妄想も膨らませていたのかもしれない。

 土偶なんかもあり、好きな男性の裸を想像し、頬を赤らめ作った女性もいるかもしれない。議論の中では「ギリシャ神話とか腐女子が書いただろ」との声も見られるし、もっともっと古い可能性だって充分にある。文献や芸術品などが発見されなければ、立証もされないが、発見されないほうが妄想も捗るってなもん!?

当時の記事を読む

おたぽるの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「おそ松さん」に関する記事

「おそ松さん」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「おそ松さん」の記事

次に読みたい「おそ松さん」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年2月9日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

  1. おそ松さん 映画
  2. おそ松さん 漫画

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。