『スター・ウォーズ』ダース・ベイダー、実は『おそ松』にも出演……声優創世記から活躍したベテラン・大平透さん死去

『スター・ウォーズ』ダース・ベイダー、実は『おそ松』にも出演……声優創世記から活躍したベテラン・大平透さん死去
       

 アニメ笑ゥせぇるすまん』の喪黒福造の声をはじめ、数多くのアニメや洋画の吹き替え、ナレーターなどで活躍した大御所声優・大平透(86)さんが、12日亡くなった。

 大平さんはラジオアナウンサーという経歴を経て、アメリカで制作された短編アニメを再編集した『スーパーマン』の吹き替え声優として、1955年に声優デビュー。アニメ声優の創世記から活躍した大ベテラン声優だ。

 大平さんといえば、不気味な「ホーホッホッ」でおなじみの『笑ゥせぇるすまん』の喪黒福造をはじめ、『ハクション大魔王』のハクション大魔王、『科学忍者隊ガッチャマン』の南部博士、近年では海外アニメ『ザ・シンプソンズ』のホーマー・シンプソンの吹き替えなど、数多くのキャラクターを熱演。実は、88年放送『おそ松くん』第2作目では、デカパンの声も演じている。

 また、実写版『マグマ大使』で宇宙の帝王・ゴアを声優兼スーツアクターとして演じるなど、特撮作品にも深くかかわっており、『秘密戦隊ゴレンジャー』といった「スーパー戦隊シリーズ」、また『宇宙刑事シャイダー』といった「メタルヒーローシリーズ」のナレーターとしても活躍した。

 吹き替え声優としては、映画『スーパーマン』のクラーク・ケント/スーパーマンや、『スパイ大作戦』の“司令の声”をはじめ、数え切れないほどの作品を担当している。中でも、映画『スター・ウォーズ』シリーズでは、旧3部作と新3部作・エピソード3『シスの復讐』でダース・ベイダーを演じた。持ち前の低い声を生かしたその演技は、監督のジョージ・ルーカスもうなるほどの名演で、ワンシーンのみの出演となった『シスの復讐』では、ルーカス直々にオファーがあったと過去のインタビューで語っている。

 入院前は、「大平プロダクション」「大平透声優ゼミナール」を主催し、後進の育成に力を注いでいた大平さん。永井一郎さん、たてかべ和也さん、大塚周夫さん、白川澄子さんと、近年大御所声優の訃報が続く中、また一人の名優が逝ってしまった。

あわせて読みたい

おたぽるの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「おそ松くん」に関する記事

「おそ松くん」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「おそ松くん」の記事

次に読みたい「おそ松くん」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年4月14日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。