『プリパラ』ユーザー数300万人突破! しかし新仕様が“改悪”すぎて一部では『プリパラ』離れも加速か!?

『プリパラ』ユーザー数300万人突破! しかし新仕様が“改悪”すぎて一部では『プリパラ』離れも加速か!?

 アニメプリパラ』(テレビ東京系)も好評の女児向けアーケードゲーム『プリパラ』のユーザー登録数が300万人を突破(6月5日時点)したとタカラトミーアーツが発表した。この300万人という数字は、大阪市の全人口よりも多いことになる(同社調べ)ということで、「おめでとう!」「何気すごい」といった声が上がっている。

 2014年7月10日に稼働開始した『プリパラ』。前シリーズ『プリティーリズム』の要素を受け継いだ、アイドルが題材のリズムゲームだ。さまざまな衣装が描かれた「プリチケ」で自分のアイドル(マイキャラ)をコーディネートし、アイドルが描かれた「トモチケ」で自分だけのグループを結成。リズムに合わせてボタンを押していく「ライブ」を楽しめるゲームとなっている。

 稼働以降、『プリパラ』のユーザー数は15年1月に100万人、15年10月に200万人と徐々に増加。同社によると、300万人達成は想定の1.5倍以上のスピードだという。『プリパラ』は“女児向け”とされているが、ユーザー層は小さなお友だちだけでなく、“プリパラおじさん”や“プリパラおばさん”といった大きなお友だちも多い。幅広い年齢層の支持があったからこそ、300万人という数字を達成できたとも言えるだろう。

 そんな『プリパラ』は、4月2日から新弾「神アイドルシリーズ」に突入。基本的なゲームシステムは変わらないものの、「プリチケ」の排出方法やリズムゲームのデザインが一新された。稼働初週には、全国のゲーム筐体のライブ回数が1分間に200回という過去最高の稼働回数を記録したと発表され話題となったが、「『神アイドルシリーズ』の仕様に不満を持つユーザーも多い」と語るのはある“プリパラおじさん”。

「いろいろ不満はあるのですが、まず言えるのは、レアな『プリチケ』が圧倒的に手に入りにくくなりました。ライブ後に運が良ければ突入する『神チャレンジライブ』に行ければ“やっと手に入る可能性が浮上する”という鬼畜仕様。また、以前は排出する『プリチケ』を2種から選択できたのですが、新弾になってからは勝手に選ばれた1種が排出されるという仕組みに。以前は『プリチケ』がダブったら持っている『プリチケ』のランクを上げるという救済手段もあったのですが、新弾になってからなくなりました」(『プリパラ』ユーザー)

 6月2日からゲーム仕様が少し代わり、排出する「プリチケ」は4種から選択できるようになったというが、それでも「“改悪”と唱えるユーザーは多く、一部では『プリパラ』卒業宣言するユーザーもいる」(同)とか。

「ある種、僕らのような“プリパラおじさん”は金を掛ければなんとでも……という感じではあるのですが、本来のユーザー層である小さい子どもにはあまり優しくはない仕様かなと。子どもは出せる金額も限られているだろうし……。今の『プリパラ』は5枚以上(計500円)『プリチケ』を購入すると『SR以上のレアコーデが必ずもらえる!』とか、しまいには『ログインボーナス』的な要素も加わって、なんだか課金要素が強い“ソシャゲ”感がするなあと」(同)

『プリパラ』の主人公・らぁらが「みんなともだち、みんなアイドル!」と言うように、『プリパラ』は皆が楽しく遊べるものであるはずなのだが……。

あわせて読みたい

おたぽるの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「『プリパラ』ユーザー数300万人突破! しかし新仕様が“改悪”すぎて一部では『プリパラ』離れも加速か!?」の みんなの反応 2
  • 松村未央、平井佳織 通報

    菅原千瑛、秋谷綾乃

    1
  • 新木こころ 通報

    新木さくら

    1
この記事にコメントする

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年6月10日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。