能條愛未(乃木坂46)卒業発表で乃木團の解散決定か? 齋藤飛鳥の“シシド・カフカ”スタイルを推す声も

能條愛未(乃木坂46)卒業発表で乃木團の解散決定か? 齋藤飛鳥の“シシド・カフカ”スタイルを推す声も

 5日、人気アイドルグループ乃木坂46の能條愛未が、年内での卒業を自身のブログで発表。先月から西野七瀬若月佑美と1期生の卒業発表ラッシュが続き、ショックを受けるファンの嘆きがネット上を騒がせた。加えて、能條がボーカルを務めるバンド・乃木團の解散を危惧する声も飛び交っているようだ。

 乃木團は、ロックバンド・氣志團が2014年に開催したライブイベント『極東ロックンロールハイスクール 第弐章』で、『乃木坂46 vs 氣志團 ~学生服反逆同盟~』と題された対バン企画を行った際に結成されたバンド。当初は、ボーカル・中元日芽香&能條愛未、ギター・川村真洋深川麻衣、ドラム・齋藤飛鳥、ベース・中田花奈、キーボード・永島聖羅というメンバー構成。そこへ永島の卒業を機に和田まあやが加入したものの、現在では能條、齋藤、中田、和田しかメンバーがいないため、活動休止状態となっている。

「氣志團の衣装に似せた、学ラン風のセーラー服を着ての演奏スタイルが好評を博していた乃木團ですが、次々とメンバーが抜けてしまったため休止状態に。自然消滅を危ぶむ声が広まっていた中での能條の卒業発表とあって、『このまま何のアナウンスもなく終了なのかな?』『これだけ卒業が相次ぐと、バンド存続は難しいか』などと、ファンの間でも悲観論が高まってしまっているようですね」(芸能関係者)

 しかし、清楚系のグループ衣装とは真逆ともいえるヤンキー・スタイルは特に、Sっ気のある“あしゅ”こと齋藤のキャラを際立たせていると評判。ファンからは、「あしゅがボーカルも同時に務めてグループを引っ張っていって欲しい」と、ボーカル&ドラム・スタイルで人気を獲得するシシド・カフカ流への移行を促す声も集まっている。

「齋藤は今夏のツアー中にもドラム・パフォーマンスを披露したようですが、その腕前はファンはプロレベルとの声も上がるほど。ボーカルを同時に務めることもできるかもしれません。また、3期生の岩本蓮加向井葉月が以前、冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系)内で、ギターを趣味にしていることを明かしたため、『新生・乃木團の結成を期待する』との声も寄せられているようですね」(同)

 バンドを結成した当時は、シングル曲の選抜メンバーから漏れることもしばしばだった齋藤だが、今やエースと呼ばれるまでに成長。今後は、グループだけでなく乃木團も引っ張る活躍を期待したい。

あわせて読みたい

気になるキーワード

おたぽるの記事をもっと見る 2018年10月20日の芸能総合記事
「能條愛未(乃木坂46)卒業発表で乃木團の解散決定か? 齋藤飛鳥の“シシド・カフカ”スタイルを推す声も」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    能條ちゃんのこと好きだったのに、男に走っちゃったから終わっちゃうんだね。残念だわ〜!

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「AKB48」のニュース

次に読みたい関連記事「AKB48」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「NMB48」のニュース

次に読みたい関連記事「NMB48」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「SKE48」のニュース

次に読みたい関連記事「SKE48」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。