ピエール瀧逮捕を受けて『JUDGE EYES:死神の遺言』が販売を自粛 オラフが登場する『キングダム ハーツIII』に心配の声

ピエール瀧逮捕を受けて『JUDGE EYES:死神の遺言』が販売を自粛  オラフが登場する『キングダム ハーツIII』に心配の声

 電気グルーヴのメンバーで、俳優や声優としても活動していたピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者が、コカインを使用したとして麻薬取締法違反の疑いで13日に逮捕された。それを受けて、セガゲームスはPS4ソフト『JUDGE EYES:死神の遺言』について、当面の間の出荷及びダウンロード販売、製品HP掲出などの自粛を発表した。

 龍が如くスタジオの新作として昨年12月に発売された同作。主人公・八神隆之を木村拓哉が演じたことで「キムタクが如く」と呼ばれ、話題となった作品だ。ピエール瀧容疑者は、メインキャラクターである松金組若頭・羽村京平役として出演していた。

 セガゲームスはピエール瀧容疑者の逮捕報道を受けて、「大変遺憾なことと受け止めております」とコメント。今後の対応については、「検討の上決まり次第、お知らせしてまいります」としている。

 ピエール瀧容疑者の逮捕で、テレビや映画は対応に追われている。電気グルーヴについては、3月15日、16日に予定していたツアー公演の中止を発表。出演中の大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』について、NHKは「対応を協議中」としている。

 ピエール瀧容疑者は、11月に公開を予定している『アナと雪の女王2』のオラフ役としても広く知られている。逮捕を受けて、ネット上ではオラフ役への影響を心配する声が上がっている状態だ。

 また、ピエール瀧容疑者が演じるオラフは1月に発売されたPS4・Xbox Oneソフト『キングダム ハーツIII』にも登場しており、『JUDGE EYES:死神の遺言』の自粛もあってネット上では「キンハー3はどうなるんだろ」「キンハーは大丈夫なのかな」といった心配の声が上がっている。

 なお、同容疑者は2006年に発売されたPS2ソフト『SIREN2』にも三沢岳明役として出演していた。

 テレビや映画だけでなく、ゲームやアニメなど多方面に影響を与えている今回の逮捕。各作品の今後の対応に注目が集まりそうだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

おたぽるの記事をもっと見る 2019年3月13日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「BLAZBLUE」のニュース

次に読みたい関連記事「BLAZBLUE」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「MOTHER」のニュース

次に読みたい関連記事「MOTHER」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ファイアーエムブレム」のニュース

次に読みたい関連記事「ファイアーエムブレム」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。