「ゲーム部プロジェクト」活動継続へ 運営元はパワハラを認めたが“処分なし”に疑いの声も

「ゲーム部プロジェクト」活動継続へ 運営元はパワハラを認めたが“処分なし”に疑いの声も

 VTuberの“中の人”が会社からのパワハラを告発したことで、解散騒動にまで発展した「ゲーム部プロジェクト」。運営元であるUnlimitedは、4月11日に「ゲーム部プロジェクトに関するご報告」と題した声明を発表した。

【ゲーム部プロジェクトに関するご報告:追記2】https://t.co/bVCMHFtMZC

— 株式会社Unlimited (@Unlimited_vt) 2019年4月11日


「ゲーム部プロジェクト」の声優スタッフ4名が「完徹業務の末、4時間睡眠で出勤」「声優はいくらでも替えがきくと散々言われ続けた」などとTwitterの別アカウントで会社からのパワハラを暴露したことで、大きな話題となっていた今回の騒動。

 声明でUnlimitedは、「声優スタッフを軽視する様な言動が、声優スタッフに精神的な苦痛を与えておりました」「声優スタッフへ過度な業務負担を強いる状況となっていたという問題が明らかになりました」と自らの非を認めた。今後は「事業ラインとは別に新たにマネジメントを専門に行う部署を設置するとともに、声優スタッフの担当マネージャーを配置し、適切な業務量となるよう最大限配慮する体制をとることに致しました」としている。

 声優側の告発を運営側が全面的に認めるという形になり、運営は待遇条件などの改善や問題の再発防止に務めることを声優と運営で確認・合意したという。そして、今後も「ゲーム部プロジェクト」の活動を継続していくことが明らかとなった。

 円満に解決に向かったように見えるが、声明では声優スタッフにパワハラを働いていたスタッフの処罰などについて触れられていないため、ネットでは「加害者の処分は一切なし?」「加害者が会社にいる限り、なにも変わらない」といった疑いの声が上がっている。

「ゲーム部プロジェクト」の活動継続に諸手を挙げて大喜びしていいのだろうか。そう戸惑うファンも少なくない。「ゲーム部プロジェクト」を素直に応援できるようになる時はやってくるのか、まだまだ動向が注目を集めそうだ。

あわせて読みたい

おたぽるの記事をもっと見る 2019年4月11日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。