『Readyyy!』サービス終了にファン大激怒!? 「乙女ゲーを潰しすぎ」

『Readyyy!』サービス終了にファン大激怒!? 「乙女ゲーを潰しすぎ」

 グラフィック、ストーリー、キャラクター、システムなどあらゆる面で高い評価を集めたスマホゲーム『Readyyy!』が今年4月にサービス終了を発表。制作・総指揮を務めたSEGAの早すぎる決断に、ユーザーからは怒りの声が相次いでいる。

 同ゲームがリリースされたのは今年の2月1日。芸能事務所の新人プロデューサーとしてアイドルの卵たちを育成する女性向けゲームで、Live2Dと3Dで描かれるキャラクターはいずれも高クオリティだった。またゲームだけでなく、「SHOWROOM」での生配信やライブイベントなども好評。出演声優たちによるインターネットラジオ番組『Readyyy! Ohhh!』(音泉)も昨年から放送されている。

 まだまだこれからのコンテンツだと思われていた『Readyyy!』だが、突如公式サイトで「この度『Readyyy!』は、2019年6月28日(金)をもちましてサービスを終了させていただくこととなりました」と発表。続けて「サービス提供開始以降、より良いサービスを提供させていただくためイベントの企画・運営、ゲームシステムの改良など鋭意努力してまいりましたが、昨今のゲームを取り巻く環境やゲーム性や今後の展開、そして収益を考慮した結果、誠に残念ではございますがサービスの終了という決断に至りました」と説明していた。

 これにSNSなどでは「ライブも生配信もやってたのに、いきなりサービス終了ってどういうこと?」「『Readyyy!』が終わるなんて信じられない」「まだ配信されて半年も経ってないのに……」と困惑する声が。ファンの熱量が高いゲームだっただけに、「もう2度と乙女ゲームに関わらないで」「ユーザーをなんだと思ってるんだ」「アイドルたちが可哀そう」と怒りをぶつける人も続出している。

 しかし一部のファンが怒っている理由は、今回のサービス終了についてだけではない。SEGAといえば、今年1月に大人気乙女ゲーム『夢色キャスト』を終了させたばかり。そのため「夢キャスの失敗から何も学んでなかったのか」「SEGAは乙女ゲーを潰しすぎ」などとも指摘されている。

 さらに『Readyyy!』公式サイトに掲載されたサービス終了の告知文は、ほとんど『夢色キャスト』の時と同じような文章。サービス終了の理由に至るまでコピペのような内容となっており、「こんなコピペ文でサービス終了を発表するとかファンを馬鹿にしている」「運営には血も涙もないのか……」とファンの怒りに油を注いでしまった。

 質の高い乙女ゲームを次々と生み出しているものの、なかなかコンテンツを維持できないSEGA。乙女ゲーム市場が厳しいのか、はたまたほかの理由があるのか……ユーザーの信頼を回復できるような次回作に期待したい。

あわせて読みたい

おたぽるの記事をもっと見る 2019年5月17日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。