アプリゲーム『DAME×PRINCE』がサービス終了 全国の“姫”たちから悲しみの声

アプリゲーム『DAME×PRINCE』がサービス終了 全国の“姫”たちから悲しみの声

 今年4月にスマートフォン向けアプリゲーム『DAME×PRINCE』がサービス終了を発表。長い期間愛されてきたゲームとあって、ファンからは「考え直してほしい!」と悲しみの声が相次いでいる。

 ゲームの公式サイトでは「2016年3月よりサービスを提供させて頂いておりました『DAME×PRINCE』につきまして、このたび、2019年6月28日(金)12時00分をもちましてサービスを終了させていただくこととなりました」と告知。また「サービス終了までとなりますが、少しでも姫様方にこれまでの感謝をお返しできますよう、尽力いたします」とも綴っていた。

『DAME×PRINCE』は、弱小国家の“姫”となってさまざまなイケメン王子たちを攻略していく恋愛アドベンチャーゲーム。攻略対象のキャラクターは全員“ダメ男”で、俺様ナルシスト王子や引きこもりオタ皇子など癖のある登場人物がファンに愛されている。メディアミックス展開も積極的で、昨年1月にはTVアニメが放送。同年には舞台化もされ、多くの人々を熱狂させた。

 そんな『ダメプリ』が、リリースから3年以上の時を経てついに終了。同ゲームのユーザーである“姫”たちからは、「嘘だと言ってほしい。せめてオフライン版で残して……」「スマホゲーのストーリーで泣いたのは後にも先にも『ダメプリ』しかない」「『ダメプリ』を励みに生きてきたのに」「もう王子たちに会えないって思うと震えてきた」といった声が続出している。

 またコミカライズを担当した漫画家・双又翔も、Twitterで「ダメプリサービス終了と聞いて『ドッキリでしょ!?』と真っ先に思いました」と反応。「ダメプリには初乙女ゲープレイ&初コミカライズをさせて頂き最近ではありますが非常に思い出深い作品です! ダメステも両ルート観劇しましてどっぷりダメな王子達に夢中になりました」とも綴っており、自身も『ダメプリ』の世界にハマっていたようだ。

 そんな中ゲームの公式Twitterでは「アプリは6月で一旦一区切りとなりますが、王子たちは今日もどこかでわいわいしていると思います。またどこかでお会いできる機会がございましたら、その時はまたよろしくお願いいたします」とのツイートも。この“一旦”という言葉にはどのような意味が込められているのか、今後の展開にも注目したい。

あわせて読みたい

おたぽるの記事をもっと見る 2019年5月20日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。