ふるさと納税で意外な人気返礼品「トイレットペーパー」還元率トップはどこ?
拡大する(全3枚)

「ふるさと納税」は、自分の選んだ自治体に寄附(ふるさと納税)を行った場合に、寄附額のうち2,000円を越える部分について、所得税と住民税から原則として全額が控除される制度。2008年から始まり、全国自治体の返礼品を取り扱うポータルサイトも多く、「ふるさとチョイス」「さとふる」「ふるナビ」など、利用者側からすると使い勝手がよくなっている。

自治体側も、ふるさと納税を獲得しようと様々な手を考えてきた。返礼品競争が加熱した結果として一部の自治体に寄付が集中するなど弊害も生まれ、2019年6月以降は「返礼品は寄付額の3割以下とし、地場産品に限る」となった。しかし、未だに3割を超える返礼品は存在する。その一つが「トイレットペーパー」。必ず使うものだからなのか、意外と人気の返礼品なのだ。そこで、還元率のランキングを見ていく。

これまでの納税ランキングは、畜産業・農業・漁業が強い

ふるさと納税で意外な人気返礼品「トイレットペーパー」還元率ト...の画像はこちら >>

2014年度(平成26年度)から加速度的に納税額・件数が増加。留まるところを知らない勢い(「総務省」調べ)

ふるさと納税の利用者は年々、増え続けている。令和2年度には約350万件、総額6,700億円以上になった。「3割」という規制によって圧倒的有利な返礼品、それを提供する自治体は減ったが、やはり人気の自治体・商品は存在する。よく言われる人気返礼品は「肉・米・カニ」。魚介類も含め、肉・米・魚介がある自治体が、受入額のランキングでも上位になっている。


この記事の画像

「ふるさと納税で意外な人気返礼品「トイレットペーパー」還元率トップはどこ?」の画像1 「ふるさと納税で意外な人気返礼品「トイレットペーパー」還元率トップはどこ?」の画像2 「ふるさと納税で意外な人気返礼品「トイレットペーパー」還元率トップはどこ?」の画像3