フリマアプリ「メルカリ」をかたるフィッシング詐欺が5カ月連続増加、防止策は?
拡大する(全3枚)

フリマサービス「メルカリ」をかたるフィッシング詐欺が急増しているという。

ソフトバンクグループのBBソフトサービス株式会社が発表した2022年1月度の「インターネット詐欺リポート」によれば、フリマサービスをかたるフィッシング詐欺サイトが8月以降5カ月連続で増加し、2022年1月は前月比約1.7倍の883件になった。主な手口は、フリマサービスを装ってメールやSMSを送り、同サービスのサイトそっくりな偽サイトに誘導しメールアドレスやパスワードを入力させようとするもの。見た目が本物のように見える精巧なつくりだが、同レポートによれば、「フィッシング詐欺被害防止のためのチェックポイント」もあるという。防止のチェックポイントは?

メルカリをかたる詐欺が、2021年8月以降増加し、1月は前月比1.7倍に!

フリマアプリ「メルカリ」をかたるフィッシング詐欺が5カ月連続...の画像はこちら >>

2月には「ドコモをかたるフィッシング詐欺」が増えていると話題を集めたが、詐欺業界のトレンドは既にメルカリなどに移っているよう(「BBソフトサービス株式会社」調べ)

ソフトバンクグループのBBソフトサービス株式会社が開発・提供する、ネット詐欺専用セキュリティソフトの詐欺ウォール調査により収集しているフィッシング詐欺サイトについて、盗用されていたブランドの上位が発表された。2021年12月の1位は「au」、2位は「三井住友カード(Vpass含む)」、3位が「Amazon」という結果だった。ところが2022年1月に、12月の4位から一気に2位になったのが「メルカリ」だ。


この記事の画像

「フリマアプリ「メルカリ」をかたるフィッシング詐欺が5カ月連続増加、防止策は?」の画像1 「フリマアプリ「メルカリ」をかたるフィッシング詐欺が5カ月連続増加、防止策は?」の画像2 「フリマアプリ「メルカリ」をかたるフィッシング詐欺が5カ月連続増加、防止策は?」の画像3