「Apple Watch」といえば、iPhoneが近くになくても音楽を聴いたり、メッセージのやり取りをしたり、電話に出たりという使い方が一般的に思い浮かぶだろう。一方で、動画を見たいとなれば今まではiPhoneが必要だったのだが、「WatchTube」というアプリをApple Watchにインストールすれば、Apple WatchのディスプレイでYouTube動画を、無料で見ることができるようになったのだ。

今回は、さらに便利になったアップルファン必携のデバイスについてお伝えしていきたい。

新アプリ・WatchTubeがあれば、Apple WatchでYouTubeを観られる!

Apple WatchでYouTubeが観られる新アプリ「W...の画像はこちら >>

腕につけた小さな画面で動画が観られるというイノベーションにテンションが上がる(画像は「9TO5Mac」より引用)

Apple Watchの使い方といえば、これまでは手軽に音楽を聴いたり、SNSを使ったり電話に出たりするという使い方が多いだろう。今回、そこに新たな選択肢が加わった。App Storeにて無料で公開されている、「WatchTube」なるアプリをインストールすれば、Apple Watchのディスプレイで、YouTubeの動画を観ることできるのである。

最初の画面ではYouTubeのオススメ動画が表示され、右にスワイプすれば検索、ライブラリ、設定に切り替えることができ、字幕の文字サイズ変更などができるようである。また、動画を表示した状態からチャンネル登録や、動画への高評価もできるようでいつも通りの動作が可能となっている。


この記事の画像

「Apple WatchでYouTubeが観られる新アプリ「WatchTube」 –  App Storeで無料公開」の画像1 「Apple WatchでYouTubeが観られる新アプリ「WatchTube」 –  App Storeで無料公開」の画像2 「Apple WatchでYouTubeが観られる新アプリ「WatchTube」 –  App Storeで無料公開」の画像3 「Apple WatchでYouTubeが観られる新アプリ「WatchTube」 –  App Storeで無料公開」の画像4
「Apple WatchでYouTubeが観られる新アプリ「WatchTube」 –  App Storeで無料公開」の画像5 「Apple WatchでYouTubeが観られる新アプリ「WatchTube」 –  App Storeで無料公開」の画像6