いまや生活に欠かせないインターネット回線ですが、世の人たちは利用中の回線の見直しをおこなう上で、どのような点を重視しているのでしょうか。本記事ではそんな「インターネット回線見直しの実態」についての調査結果を見ていきます。

約7割の人が「4年以上」インターネット回線の見直しをしていない

ネット回線を4年以上見直しをしていない人は約7割 プランや回...の画像はこちら >>

「現在のインターネット回線を契約してからどれくらい経つか」という質問に対し、約7割が「4年以上」と回答。あまり見直しに積極的ではないことが伺えます(株式会社ITSUKI調べ)

インターネット回線事業をおこなう株式会社ITSUKIは、自宅にインターネット回線を導入している20代~60代の男女337名を対象に、「インターネット回線の見直し」について調査を実施。

最初に、「現在のインターネット回線を契約してからどれくらい経つか」を質問すると、「4年以上」と回答した人が最も多く、69.1%と大きく半数を超える結果となりました。次いで2位が「3年以内」の13.4%、3位が「2年以内」の8.0%、4位が「1年以内」の5.0%、5位が「半年以内」の3.6%、6位が「3カ月以内」で0.9%でした。

7割近い人が4年以上も見直しをしていないことから、なんとなく契約したままになってしまっているといった様子が伺えます。通信の速度や安定性など、当初の状態から悪い変化が見られなければなんとなくそのまま使い続けてしまうのかもしれません。

インターネット回線契約の決め手となるのは「料金」と「通信速度」

ネット回線を4年以上見直しをしていない人は約7割 プランや回線など変更しない理由とは【ITSUKI調べ】
現在利用しているネット回線を契約した決め手は?

「現在契約しているインターネット回線を契約した決め手」を尋ねると、1位が「料金」、2位が「通信速度」という結果でした(株式会社ITSUKI調べ)

次に、「現在契約しているインターネット回線を契約した決め手」について質問。すると、1位は「料金で」で52.8%、2位は「通信速度」で37.3%、3位が「開通までのスピード」で16.0%、4位が「通信容量」で13.0%、5位が「家電量販店の店員等からの薦め」で10.0%という結果となりました。

この結果から、多くの人がインターネット回線に求めているのは「料金」と「通信速度」だということがわかります。たしかに、ストレスなく動画視聴などをおこなえて、かつ低価格で利用できるのであれば、それ以上求めるものはないという気もします。

44.5%が契約したインターネット回線を一度も見直ししていないことが判明

ネット回線を4年以上見直しをしていない人は約7割 プランや回線など変更しない理由とは【ITSUKI調べ】
過去にネット回線を見直したことはある?

「過去にインターネット回線を見直したことがあるか」という設問の結果、一度契約したインターネット回線を見直ししたことがないという人が半数近くいることがわかりました(株式会社ITSUKI調べ)

続いて、「過去にインターネット回線を見直したことがあるか」と尋ねたところ、55.5%が「はい」、44.5%が「いいえ」と回答しました。過半数とまではいかないものの、半数近くの人が契約したインターネット回線をその後一度も見直していないことが判明。目に見えて不具合がなければ、いつの間にかそのまま使い続けているといったところでしょうか。

インターネット回線見直しの理由、上位は「通信環境」と「回線費用」

ネット回線を4年以上見直しをしていない人は約7割 プランや回線など変更しない理由とは【ITSUKI調べ】
ネット回線の見直しを行った理由は?

「インターネット回線の見直しをした理由」を問う設問でも、「通信環境」や「料金」が重視されていることがわかる結果となりました(株式会社ITSUKI調べ)

前項で「インターネット回線の見直しをしたことがある」と回答した人を対象に、「インターネット回線の見直しをした理由」を尋ねたところ、最も多かった回答は「より快適な通信環境を整えたかったから」の40.1%でした。次いで2位が「インターネット回線費用を抑えたかったから」で39.5%、3位が「より自分の利用状況に合ったプランがあると思ったから」で26.7%、4位が「回線見直しによるインセンティブが魅力的だったから」で14.4%、5位が「家電量販店の店員等から薦められたから」で7.4%という結果に。

この設問からも、インターネット回線において重視されているのは、通信速度等を含む「通信環境」と「料金」であることがわかります。

インターネット回線の見直しをする上で「手間」や「費用」が障壁に

ネット回線を4年以上見直しをしていない人は約7割 プランや回線など変更しない理由とは【ITSUKI調べ】
ネット回線を見直しする上での障壁は?

インターネット回線の見直しをする上で、「手間や費用」が大きな障壁となっているようです。また、「回線を変えるメリットがわからない」という人も3割近くいることがわかりました(株式会社ITSUKI調べ)

今度は、「インターネット回線の見直しをしたことがない」と回答した人を対象に、「インターネット回線の見直しをする上での障壁」を尋ねています。すると、「回線を変えるのに手間や費用がかかりそう」との回答が42.6%で最多の割合に。次いで2位が「回線やプランを調べるのが面倒くさい」の28.0%、3位が「回線を変えるメリットがわからない」の27.3%となっています。

インターネット回線を見直すにあたっては、現在のプランと比較して明確なメリットがなければ意味がないため、面倒な上に手間や費用がかかる可能性がある点と考えると、なかなか踏み出せないという人も多いのかもしれません。また、3割近くの人が「回線を変えるメリットがわからない」と回答していることから、現状不満を感じていなければ変える必要はないと考える人が多いこともわかります。

「定期的にインターネット回線の見直しをしたい」と回答した人は44.8%

ネット回線を4年以上見直しをしていない人は約7割 プランや回線など変更しない理由とは【ITSUKI調べ】
定期的にネット回線を見直したいと思うか?

「今後、定期的にインターネット回線の見直しをしたいと思いますか」という質問では、「はい」と回答した人が44.8%。

半数以上が見直しせず、現状のまま使い続けたいと考えているようです(株式会社ITSUKI調べ)

最後に、「今後、定期的にインターネット回線の見直しをしたいと思いますか」と質問したところ、55.2%が「いいえ」と回答しました。44.8%の人は見直しをしたいと考えるも、半数以上の人は現状のインターネット回線のまま使い続けたいと思っているようです。

今回の結果から、インターネット回線は、納得した価格設定で速度的にも問題なく利用できていれば、頻繁に見直しを考える人は少ないことがわかりました。変更することによって面倒な手間がかかったり料金が発生したりするくらいなら、「そのまま使い続けよう」という結論に至るのではないでしょうか。

しかし、機器が新調できたり新しいプランを利用できたりと、見直しをすることでより良い環境が整うこともあります。不満がないという人も、ときにはインターネット回線に興味を持って調べてみると、より自分に合ったプランが見つかるかもしれません。

これを機に、ぜひ見直しをしてみてはいかがでしょうか。

出典元:【株式会社ITSUKI/PR TIMES

By OTONA LIFE