お札や小銭などの現金を使用せず手軽に支払いができるキャッシュレス決済。クレジットカードをはじめ、デビットカード、電子マネー、スマホ決済などがあり、経済産業省の発表によると、2023年時点でキャッシュレス決済額の比率が約4割まで伸びているという。

キャッシュレス決済の利用率が伸びる理由はいったい何だろうか。今回は、キャッシュレス決済に関する調査結果を紹介しよう。

59.3%がポイントなどの特典を理由にキャッシュレス決済を利用

キャッシュレス決済を利用する理由はポイントも、個人情報漏洩な...の画像はこちら >>

(「株式会社スマイルモア」調べ)

スマイルモアは、2024年6月18日に全国の30代男性300人を対象にインターネット調査を行った。「キャッシュレス決済に対する関心度はどの程度ですか?」と質問したところ、「非常に関心がある」「ある程度関心がある」合わせて70%が「関心あり」と回答した。一方、「全く関心がない」と回答した人が20.7%おり、現金支払い派も一定数いることが伺える。

キャッシュレス決済を利用する理由はポイントも、個人情報漏洩などの心配の声も多数
キャッシュレス決済を利用する主な理由は?

手軽さに加え、特典をメリットに感じているようだ(「株式会社スマイルモア」調べ)

7割の人がキャッシュレス決済に興味を持っていることが分かったが、なぜキャッシュレス決済を利用するのだろうか。理由について質問すると、約6割が「ポイントやキャッシュバックの特典があるから」と回答。

次いで、「支払いが迅速で便利だから」「現金を持ち歩く必要がないから」という結果に。支払いの手軽さやポイント還元などを気に入り、キャッシュレス決済を使用している人が多いようだ。また、約2割の人は「支払い履歴が管理しやすいから」と回答。ほとんどの買い物をキャッシュレス決済で済ませるのであれば、支払い履歴が家計簿の役割を果たすため管理のしやすさにつながるのだろう。

約5割がキャッシュレス決済のシステムエラー問題を心配

キャッシュレス決済を利用する理由はポイントも、個人情報漏洩などの心配の声も多数
キャッシュレス決済に対して感じている不安や障壁は?

約3割が「利用できる店舗が限られているから」を回答(「株式会社スマイルモア」調べ)

キャッシュレス決済を使用する理由について見てきたが、キャッシュレス決済に対する不安はないだろうか。「キャッシュレス決済に対して感じている不安や障壁は何ですか?」と質問すると、約5割の人が「システムエラーや技術的な問題が心配だから」と回答していた。

システム障害や店頭の端末の故障によって、キャッシュレス決済ができず、飲食店などでは無銭飲食といったことにもなりかねない。

また、「利用できる店舗が限られているから」「トラブル時の対応が不安だから」と回答している人もおり、万一の場合を考えて現金も持っておくことが必要だろう。そのほか、「個人情報の漏洩が心配だから」と回答している人も約3割いることが分かった。いつの間にかクレジットカードが不正利用されていた…などという状況にならないよう、オンラインサイトで購入する場合は正規サイトであるか、セキュリティが保護されているかなど確認することが大事かもしれない。

手軽に支払いができるキャッシュレス決済のメリット・デメリットを正しく理解し、使い分けていきたいものだ。

出典元:【スマイルモア

By OTONA LIFE