もらっても「迷惑なノベルティ」ランキング、3位クリアファイル、2位壁掛けカレンダー、1位は?

会社そのもののPRから、商品やサービスの認知度向上を目的に無料で配られるノベルティ。読者のなかにも、クリアファイルやカレンダーなどをもらったことがある人もいるのではないだろうか。そんなノベルティを、有効活用している人もいれば迷惑と思っている人もいるのではないだろうか。

今回は、ノベルティ事業「ブラノベ!」を運営するtetoteが、20代から60代の社会人240人を対象に調べた 「ノベルティに関する意識調査」を紹介しよう。

迷惑と思っている人が75%超、迷惑な理由とは?

 過去に企業からもらったノベルティで迷惑だったものが何かを聞く設問では、「迷惑だったことはない」と答えたのはわずか24.6%。つまり、裏を返せば75.4%と4人に3人が「迷惑だったノベルティをもらったことがある」ことがわかった。とくにどんなノベルティが迷惑がられているのか。トップ5は、5位「マグネット」20.4%、4位「卓上カレンダー」20.8%、3位「クリアファイル」22.1%、2位「壁掛けカレンダー」27.9%、1位「ステッカー」29.6%。それほど差異のない結果となったが、迷惑な理由は一体なんだろうか。

 迷惑な理由についての調査では、次のような結果に。5位「自分の愛用品があるから」15.4%、4位「捨てるのに罪悪感があるから」16.7%、3位「企業名や企業のロゴが大きすぎるから」25.8%、2位「デザインが好きではない」26.3%、1位「実用性が低いから」44.2%。実用性が低いことが断トツで迷惑がられていることがわかったが、迷惑なノベルティで1位だったステッカーのように、生活する上で特に必要のないものはもらってもうれしくないようだ。また、2位と3位の回答者は、「ノベルティは使いたいけどデザイン性の問題で使いたくない」といった人なのだろう。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

OTONA LIFEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「意識調査」に関する記事

「意識調査」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「意識調査」の記事

次に読みたい「意識調査」の記事をもっと見る

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク