Windows 11へのアップデートちょっと待った! Ryzen搭載パソコンは性能低下の恐れ

2021年10月5日、MicrosoftよりWindows 11がリリース。Windows 10が2015年7月にリリースされてから6年が経ち、新しいOSに生まれ変わった。Windows 11では、UIの変更やウィンドウ整理機能など、さまざまな機能が変更・搭載された。もしかすると読者の方々の中にも、すでに利用している人もいるのではないだろうか。しかし新たなOSへと移行が進む一方で、Windows 11による問題がいくつか報告されているという。

今回は、Ryzen CPUを提供するAMDが明らかにした、Ryzen搭載PCにWindows 11をインストールすることで生じる問題や、Windows 11がPCに及ぼしているその他の影響について紹介しよう。

Ryzen搭載PCとWindows 11の間に2つの問題が!

 CPUといえば、テレビCMなど露出の多さによってIntelを思い浮かべる人も多い。しかし今回話題となっているのはAMD製のCPUであるRyzenだ。AMDの発表によれば、Ryzenを使用したPCにWindows 11をインストールしたところ、アプリなどの性能が低下するなどの現象が確認されたとのこと。さらに発表ではすでに2つの問題が確認されているとのこと。

 1つ目は、UEFI CPPC2(「優先コア」)がプロセッサの最速コア上のスレッドを優先的に割り当てる機能が、うまく動作しない問題。これにより、1つ以上のCPUに影響を受けやすいアプリのパフォーマンスが低下することがあるようだ。中でもTDP65W以上、8コア以上のプロセッサでは、上記の問題による影響がより顕著になる可能性があると指摘している。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

OTONA LIFEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「マイクロソフト」に関する記事

「マイクロソフト」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「マイクロソフト」の記事

次に読みたい「マイクロソフト」の記事をもっと見る

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク