Facebookの社名変更、有力候補は「メタバース」? 日本国内でのひと昔前のSNSイメージも一新か

「アメリカの大手IT企業・Facebookが社名を変更する」そんなニュースが話題を呼んでいる。新たな社名は10月28日に行われる年次開発者会議「Facebook Connect」にて発表される予定だと報じられており、ネット上では新たな社名が何になるのか、さまざまな憶測が飛び交っている。今回は、今注目のFacebookの社名変更について、世間の動向を伝える。

ほかのSNSより勢いが劣っていることを指摘する声も

アメリカのさまざまなメディアが報じ、日本でも大きな話題を呼んでいるFacebookの社名変更。ウェブメディア「ザ・バージ」の報道によると、10月28日に予定されている年次開発者会議・Facebook Connectで、ザッカーバーグCEOから新たな社名について発表があるという。

日本のネット上でもFacebookの新たな名前をめぐってさまざまな予想が繰り広げられている。「フェイスタグラム」「フェイッター」など、インスタグラムやTwitterをもじった名前を挙げ、FacebookがほかのSNSより勢いが劣っていることを揶揄する声も。また、「Facebookは実際インスタグラムにかなり依存しているし、おじさんが使うビジネスツールのイメージが強い」など、辛辣な指摘も多数寄せられた。

NTTドコモ モバイル社会研究所が実施したSNSに関する調査の「最も利用率が高いSNS」では、LINE、Twitter、インスタグラムに次いで4位に選ばれているFacebook。さらにFacebookの利用率を年代別に見ていくと、10代で16.2%、20代で31.9%、30代で39.3%と増加し、30代がピークに。10代の利用率が高いインスタグラムやTikTokに比べ、若者の利用率が低いことを物語る結果となった。“おじさんが使うビジネスツール”といわれてしまうのも納得だ。少なくとも日本国内においては、Facebookが持つ「ひと昔前のSNS」というイメージを一新する目的もあるかもしれない。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

OTONA LIFEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「Facebook」に関する記事

「Facebook」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「Facebook」の記事

次に読みたい「Facebook」の記事をもっと見る

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク