官公庁で仕事をしてみたい省庁ランキング、4位文科省、3位経産省、2位自治体、最も人気が高かった1位は?

読者のみなさんは、官公庁への転職について考えたことはあるだろうか。憧れの的である一方でハードルが高いイメージも強い官公庁。転職求人サイト「ビズリーチ」が実施した調査によると、意外にも官公庁への転職に意欲的な人が多いことが分かった。

今回は官公庁の中でも人気の省庁ランキングとともに、官公庁が転職先として検討される理由について見ていこう。

約70%が官公庁の仕事に興味あり

同調査は、転職サイト「ビズリーチ」に登録する会員を対象に行われたもの。「官公庁の仕事に興味がありますか」という問いに対して「とても興味がある」と回答した人は、21.7%、「どちらかといえば興味がある」と回答した人は46.8%に。合計すると、68.5%もの人が官公庁の仕事に興味があることが明らかとなった。では、官公庁の中でも回答者はどの省に興味を持っているのだろうか。

さっそく、人気の省庁ランキングを見ていこう。10位から4位は、10位「総務省」(11.1%)、9位「消費者庁」(11.9%)、8位「農林水産省」(14.6%)、7位「国土交通省」(17.4%)、6位「厚生労働省」(18.7%)、5位「環境省」(19.2%)、4位「文部科学省」(23.8%)という並びに。興味がある分野・領域については「社会貢献」や「教育」への関心が強いことから、各キーワードに関係する省庁が選ばれる結果となったようだ。

ランキングの3位には「経済産業省」(29.7%)がランクイン。興味関心でも「経済活性化」が32.5%を占めており、経済産業省の人気が伺える。コロナショックにより経済の回復が切望されている今、その一端を担う経済産業省に転職すれば、大きなやりがいを感じることができそうだ。2位には、31.1%の支持を集めた「自治体」が選ばれた。東京都への一極集中を緩和するため「地方創生」が叫ばれてから長らく経つが、最近ではテレワークの浸透により地方移住を検討する人も増えてきている。そういった時代背景も相まって、地方創生に貢献できる自治体の仕事に興味を持つ人が多いようだ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

OTONA LIFEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク