初代iPodが登場したのは2001年であり、2021年はiPodの記念すべき20周年となった。当時、巨大な容量を持つ画期的なデジタルオーディオプレイヤーの登場に、世界中が驚き爆発的なヒットへと繋がった。その後2007年のiPhone登場とともにiPod touchへと進化したものの、主役の座はすっかりiPhoneへと移り、毎年されていた新型の発表も2012年以降は2年、3年、4年と徐々にスパンが長くなっていき、現在は2019年に発売されたiPod touch第7世代が最新型だ。それでも一部のユーザーにとっては安価で手に入るiOSデバイスとして、まだまだ高い人気を保っているiPod touch。

ここではそんな最新型iPod touchをお得に手に入れる方法や、音楽プレーヤーとしてだけじゃない使い方も併せて紹介する。

アップル製品は整備済製品が断然お得! 新品同様なのに最大15%オフ?

「アップル認定整備済製品」という存在を知っているだろうか? アップルユーザーであれば知っている人も多いかもしれないが、店頭の展示品や初期不良で返品されたものなどを再整備したものを、新品同様の品質をアップルが保証し定価よりも安く販売している製品のことを指す。車で言うところの“新古車”のようなものだ。ほぼ新品の製品を最大15%も安く購入することができる、というとってもお得なものなのだ。

アップルの公式サイトにはその時にある、MaciPadなどさまざまなアップル製品の整備品が掲載されている。そのページに現在、iPod touch(第7世代)が並んでいるのだ。新品なら税込23,980円~で販売されるiPod touch(第7世代)が整備品のページでは12月6日時点で税込20,800円~で販売されているのだ。