ダイアナ妃の名言をななめ斬り!「自分はどこか違う場所へ行くことがわかっていました」

ダイアナ妃の名言をななめ斬り!「自分はどこか違う場所へ行くことがわかっていました」
ダイアナ妃の名言をななめ斬り!「自分はどこか違う場所へ行くことがわかっていました」

有名人に関する発言を追っていくと、洋の東西を問わず、同じような発言をしていることに気づくのです。

たとえば、過去にユーミンの持つ霊的なチカラについてご紹介したと思いますが、山口百恵さんも不思議な能力を持っています。百恵さんはオーディション番組「スター誕生!」(日本テレビ系)出身ですが、「蒼い時」(集英社文庫)によると、審査の途中に「自分が合格する姿がはっきり見えた」と書いています。

故・ダイアナ妃(以下、ダイアナ)も同じようなチカラを持っていたようです。「完全版 ダイアナ妃の真実―彼女自身の言葉による」(早川書房)によると、13歳の時に「自分はどこか違う場所へ行くことがわかっていました」「私はみんなが注目している人と結婚するってことがわかっているの」と周囲に話していたそうです。これだけだと、ちょっと中二病のようですが、王室入りしてすぐ「自分は王妃にはならないだろう」と感じていたそう。思考のゆがみが感情や体調を乱すと考える認知行動療法的な観点から言えば、「そうやって思い込むから、そういう結果が出た」と言えるのかもしれませんが、思い込みやそこらでプリンセスになるとは思えない。やはり運命的な何かを持っていたと考えていいのではないでしょうか。

ここでダイアナの人生を振り返ってみましょう。ダイアナは名門スペンサー家に生まれます。祖母のレディ・ルース・ファーモイはエリザベス皇太后に女官として使えており、日常的に王室のメンバーと会う機会があったそうです。母親の不倫で両親が離婚、このことはダイアナの心に深い傷を残します。勉強は苦手だけれど、運動が得意で子どもが好きなダイアナは、幼稚園の先生としてロンドンで働いていました。一方のチャールズのお妃選びは難航していました。名門貴族出身で、イギリス国教会の信者で、処女。これが王妃としての条件ですが、チャールズが33歳になってしまったことで、お妃候補の年齢も上がってしまう。となると、その女性が処女でない確率も上がっていくわけです。もともとはダイアナの姉がチャールズ皇太子と交際し、結婚も噂されていましたが、破局。その後、美しく成長した13歳年下のダイアナに心を奪われ、プロポーズします。恋愛結婚のように見えますが、子孫繁栄のため、また王室のイメージのためにふさわしい女性を選んだのではないでしょうか。

というのは、チャールズはダイアナにプロポーズする一方で、カミラ夫人(当時)と不倫をしていたのです。ダイアナは混乱し、過食症を発症。婚約期間の5か月の間にウエストは73センチから59センチになるまで痩せてしまうのです。「結婚をやめたい」と申し出たダイアナですが、世界的慶事の前に、個人の意見など通りません。姉たちにも「運が悪かったのよ」「たいしたことではない」となだめすかされ、結婚することになってしまいます。


あわせて読みたい

オトナノの記事をもっと見る 2019年4月3日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら