冷房バテにさよなら。料理家・両角さんが教える甘酒&夏野菜の簡単レシピ

気温の上昇とともに、悩みのタネになるのが、オフィスや電車などでガンガンに入った冷房。冷え性を悪化させたり、体調を崩したり、お肌が乾燥したりと、なかなかの大敵です。今回は料理家の両角舞さんに、カラダを温める、ひんやりデザート&使いまわしできる簡単だしを教えてもらいました。


夏に真価を発揮する「甘酒」。やさしい甘みが胃腸の疲れも癒す

冷房バテにさよなら。料理家・両角さんが教える甘酒&夏野菜の簡単レシピ

冷房がカラダに与える影響はさまざま。どんな症状に困っているかによって、選ぶ食材が変わります。

「たとえば、カラダが冷えたときには温める食材、冷房で汗がかけず、体内に熱や水分がたまっているときはカラダを冷ます食材、乾燥が気になるときは潤いをもたらす食材といったように、うまく利用することが大切」と両角さんは言います。

まず、ひとつめの両角さんおすすめの食材は「甘酒」。

「何となく冬のイメージがありますが、実は甘酒って“夏の季語”なんです。“飲む点滴”と呼ばれるほど栄養豊富で、消化吸収もいいので、夏バテで胃腸が疲れている時、体力が衰えている時にピッタリ。腸内環境を整えてくれるから、お肌を整える食材としても期待できます」と両角さん。

さらに、漢方スタイリスト(漢方養生指導師)でもある両角さんいわく、「漢方の視点では、甘酒のような“やさしい甘み”は胃腸の疲れを癒すと言われています。また、体内に潤いをもたらす“白い食材”でもあるので、冷房で乾燥気味のお肌やノドにも働きかけてくれます」。


あわせて読みたい

気になるキーワード

オトナノの記事をもっと見る 2019年7月18日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。