続編を見てみたい「朝ドラ」ランキング 2位は「半分、青い。」、1位はやっぱり…

続編を見てみたい「朝ドラ」ランキング 2位は「半分、青い。」、1位はやっぱり…

 NHK連続テレビ小説、通称“朝ドラ”。脚本に賛否が分かれた「半分、青い。」も2016年以来の高視聴率に終わり、今月からは下半期の「まんぷく」がスタートした。そこでオーヴォ編集部は平均視聴率20%以上の過去10作品の中から「続編を見てみたい朝ドラは?」という調査をしてみた。

 調査は、J:COMの投票機能を使って10月に実施し、450人から回答を得た。1位は2013年に最高番組平均世帯視聴率(27%、ビデオリサーチ調べ)を記録した、のん(能年玲奈)主演の「あまちゃん」で28%。セリフで使われた「じぇじぇじぇ」(岩手県久慈市の方言)は当時の流行語大賞となり、朝ドラ終了後の喪失感を表した言葉「あまロス」など、社会現象も起きた。朝ドラ終了から5年も経過しているにもかかわらず、いまだに根強い人気があるようだ。

 続いて「半分、青い。」(13%/2018年・永野芽郁)と「あさが来た」(13%/2015年・波瑠)が同率の2位。以下、「マッサン」(10%/2014年・シャーロット・ケイト・フォックス)、「ひよっこ」(9%/2017年・有村架純)、「ごちそうさん」(9%/2013年・杏)、「わろてんか」(6%/2017年・葵わかな)、「とと姉ちゃん」(5%/2016年・高畑充希)、「花子とアン」(4%/2014年・吉高由里子)、「べっぴんさん」(2%/2016年・芳根京子)という結果になった。

 今回の10作品の中では「ごちそうさん」、「花子とアン」、「マッサン」、「あさが来た」、「とと姉ちゃん」、「べっぴんさん」、「わろてんか」は番組終了後、BSプレミアムでスピンオフを放映しているものの、続編の放映はどの作品も行われていなかった。しかし10月上旬、NHKはヒロイン・みね子の2年後を描く「ひよっこ2」の放送を発表した(2019年3月、総合30分×4回)。発表によると朝ドラ終了時から「続きが見たい!」「スピンオフはないの?」と続編を熱望するファンの声が届き、視聴者のリクエストに応えるかたちとなったようだ。

 このほか、過去に続編が放送された作品としては「ちゅらさん」(2001年・国仲涼子)などがある。あなたならどの作品のどんなストーリーが見てみたい?

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。