「海の森水上競技場」の完成記念レガッタで快挙 日大がオックスフォードとケンブリッジを退ける!

「海の森水上競技場」の完成記念レガッタで快挙 日大がオックスフォードとケンブリッジを退ける!
大都会のウォーターフロントに完成した国際水準の競技コース「海の森水上競技場」。

 2020年東京五輪・パラリンピックのボート、カヌーの会場として東京都が新設した「海の森水上競技場」(東京都内臨海部)が完成し、6月16日、その完成披露式典と完成記念レガッタが行われた。

 ボート、カヌー会場は、宮城県の長沼ボート場への変更が検討されたり、運営収支が赤字となる試算が出たりするなど何かと話題になったが、ボートだけに何とか完成に漕ぎ着けた格好だ。

 完成披露式典の当日、東京湾上空には抜けるような青空が広がった。「海の森水上競技場」のグランドスタンド前で行われた式典には、鈴木俊一 五輪担当大臣や日本カヌー連盟の福田康夫名誉会長ら多数の来賓が参加。主催者である東京都の小池百合子知事が「この競技場をアジア最高峰の水上競技場としていきたい」と力強く抱負を語った。

 式典に出席した国際ボート連盟のジャンクリストフ・ローランド会長は、「こんなに立派な競技場に変身するとは想像できなかった。これを実現した日本の創造力と技術力に感銘を受けた。五輪にふさわしい競技場だと確信している」と祝辞を述べた。

 「海の森水上競技場」は、首都圏では唯一、国際大会が開ける規格のコースとして5月末に完成。東京湾の埋め立て地「中央防波堤」の水路を活用して整備された競技場は、長さ約2,300メートル、幅約200メートルで、2,000メートルのコースが最大9レーン設置できる。常設の観客席は約2千席で、大会時は仮設席や立ち見席を含め最大1万6千人を収容する。大会後は競技のほか、水上スポーツ体験やコンサートなどにも活用される予定だ。


あわせて読みたい

OVOの記事をもっと見る 2019年6月27日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。