「自宅で料理」が増えた人は7割 悩みはやっぱり「レパートリー」!

「自宅で料理」が増えた人は7割 悩みはやっぱり「レパートリー」!
イメージ

 長引く巣ごもり生活。仕事も、勉強も、自由時間も基本的に自宅だから、台所に立つ時間が普段よりも増えた人は多いだろう。料理ブログのポータルサイト「レシピブログ」と、料理インスタグラマーコミュニティ「フーディーテーブル」を運営するアイランド(東京)は、「家庭での料理」の変化についてアンケート調査を実施。20~60代以上のサービス利用者1,035人から回答を得た。その結果、新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛で、69%の人が「自宅で料理をする頻度が増えた」と回答。「変わらない」は31%で、「減った」と答えた人はなんとゼロだった。

 では、どのような料理が増えたかというと、一番多かったのは「短時間で作れる料理」(54%)。僅差の2位は「パスタ、うどん、焼きそばなどの麺類」(53%)に。3位は「手作りのパンやスイーツ」(42%)、4位は「丼やチャーハンなどのごはんもの」(38%)、5位は「いつもより手間や時間がかかる料理」(33%)となった。時短や手軽なワンプレート料理に人気が集まった一方で、長い自宅滞在時間を利用して、お菓子や手作りや手間のかかる料理をする人も3割以上いた。

 料理をする機会が増えた人に「困っていること」を聞いてみると、やはり「献立のレパートリーに悩む」(61%)がトップだった。2位の「毎食作るのが大変」(52%)、3位の「栄養バランスに配慮すること」(49%)と続く。時短・簡単な料理は用意するのが楽な一方で、栄養に偏りがあるのではと食事の質を心配する人もいるようだ。


あわせて読みたい

OVOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月5日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。