地方移住に関心が高いのは若年層!? 調査を行った高知市が移住相談会を実施!

地方移住に関心が高いのは若年層!? 調査を行った高知市が移住相談会を実施!
拡大する(全1枚)

 コロナ禍の新しい生活様式で、定着しつつあるのがテレワーク。少し前まで地方への移住といえば、リタイアした後の高齢者が、ゴミゴミした都会ではなく、地方でのんびり老後を過ごす──といったケースが多かったが、テレワークの普及によって若年層でも移住を考えている人が増えているという。実際に、高知市が全国の20代~60代男女1,766人(うち500人は移住に関心あり)を対象に地方移住への意識調査を行ったところ、3割の人が移住に関心があると回答し、中でも若年層の移住への関心が高いという実態が明らかになった。

 移住をすでに行った、地方への移住に関心があると答えた552人について、年代別で詳しくみると、その割合は60代以上が13.6%と最も低く、年代が低くなるほど関心が高い。最も関心があったのは20代の21.8%で、60代以上の1.6倍となっている。地方への移住は老後を過ごすため──というイメージは変化しているようだ。男女別では、女性は16.3%、男性は21.3%と男性の割合の方が高い。また、家族がある人と単身者では、後者の方が多くなっている。

 このように若年層の関心が高いということで、リモートワークが移住に関する意識に影響を与えているのだろうか? 勤務形態別に関心の度合いをみると、リモートワークが多い人は22.2%、出社勤務が多い人は20.9%。リモートワーク派が若干上回ったものの、大きな差は生じていない。リモートワークだけが移住に関心を持つ理由ではなさそうだ。ただ、具体的に「検討している」となると、リモートワーク派は12.5%、出勤勤務は5.9%とその差は広がる。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

OVOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「意識調査」に関する記事

「意識調査」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「意識調査」の記事

次に読みたい「意識調査」の記事をもっと見る

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク