フォステクスからデスクトップに置ける小型アンプ シリーズの最上位ハイパワーモデル
拡大する(全3枚)

 音響機器のフォステクス(フォスター電機・東京都昭島市)は、デスクトップにも置けるコンパクトサイズのデジタルアンプ「AP25」を5月中旬に発売する。同社「パーソナル・アンプ」シリーズの最上位モデルとなり、シリーズ最大のハイパワーを達成している。市場想定価格は、税込み3万3,000円前後。

 幅133mm×高さ42mm×奥行165mmのボディで最大25W+25Wを獲得。アンプICやオペアンプなども高品位なオーディオ専用パーツを投入して高音質化を図っている。入力1系統、スピーカ―出力も1系統とシンプルながらプリ出力を装備。サブウーファーやパワーアンプなどを接続して拡張することもできる。

 オートスタンバイ機構を内蔵していて、入力が無信号やそれに近い状態が続くと、自動的にスタンバイモードに切り替わり、パワースイッチの切り忘れや使わないときの無駄な電力消費を避けられる。なお、この機能は、オン/オフ、スタンバイ状態になるまでの時間(1分/12分)の切り替えが可能。

この記事の画像

「フォステクスからデスクトップに置ける小型アンプ シリーズの最上位ハイパワーモデル」の画像1 「フォステクスからデスクトップに置ける小型アンプ シリーズの最上位ハイパワーモデル」の画像2 「フォステクスからデスクトップに置ける小型アンプ シリーズの最上位ハイパワーモデル」の画像3