戦争で死と隣り合わせに生きる人と、高度な技術の恩恵を受ける豊かな人が同じ世界に生きる現代。世界情勢が揺れる今こそ読みたい『アンネ・フランク』と『スティーブ・ジョブズ』(Gakken・東京)が、『学研まんが 日本と世界の伝記』シリーズで2月16日に発売される。

 第2次世界大戦中、ナチ・ドイツの迫害から逃れ隠れ家での生活をつづった『アンネの日記』の作者、アンネ・フランク。過酷な時代に悲劇の運命をたどった短い生涯と、彼女の残した強い言葉たちをオールカラーのマンガで描いている。ロシアのウクライナ侵攻やイスラエル・パレスチナ紛争といった不安定な情勢が続く中で、平和のあり方を見つめ直すきっかけを子どもたちに作ってくれる一冊だ。

 一方、革新的なIT機器を次々と世に送り出したスティーブ・ジョブズ。その商品やサービスは、多くの人の生活を変えてきた。好奇心が強くものづくりといたずらが大好きな少年がアップル社を創業、困難な課題を工夫と熱意で、そして周囲を乗りこえていく様子が描かれている。

どちらも税込み1320円。