1924年に日本初のサラダ油「日清サラダ油」が発売されて、今年で100年。それまでは菜種やゴマを原料とする食用油が一般的だったが、野菜サラダにそのままかけて食べられるサラダ油の誕生により、野菜の生食文化が日本にも普及した。

日清オイリオグループはそんな記念の年に合わせ、酸化を抑制する新技術「ウルトラ酸化バリア製法」によって開封後も鮮度が長持ちする食用油「日清ヘルシークリア」を開発。2月28日に新発売する。


 酸化は、空気中の酸素と反応して起こる現象で、調理中に不快な臭いがしたり、食べると気分が悪くなったり、胸やけの原因となったりする。日清はこれまでにも酸化を抑えるさまざまな技術を開発してきたが、さらに進化させた今回の新製法は、低温・高真空の状態で精製することで製造時の酸化油脂の生成を抑制する「Neoナチュメイド製法」、油中の酸素を微細な窒素バブルで追い出す「日清ウルトラファインバブル製法」、容器のヘッドスペース内の酸素を追い出し、代わりに窒素を充満させる「酸化ブロック製法」という3つの技術を集約させた、まさにウルトラな製法だ。


 健康面でも、コレステロールは0値でビタミンEを豊富に含む。さらに環境にも配慮し、従来よりも小容量で取っ手を外した800gPETの新ボトルを採用している。

100周年の広告キャラクターとして起用した「ドラえもん」のひみつ道具のように便利で心強い、調理の際の味方になってくれそうな食用油だ。